十方山とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 十方山の意味・解説 

十方山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 05:36 UTC 版)

十方山(じっぽうざん)は、広島県廿日市市と同山県郡安芸太田町の市町境より少し廿日市市側に入ったところに山頂がある、標高1318.9mのである。広島県内では恐羅漢山吉和冠山に続く、第3位の標高を誇っている。その名の通り十方全てが見渡せ、天気が良ければ、瀬戸内海四国石鎚連山日本海が望める[1][2][3]






「十方山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「十方山」の関連用語

十方山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



十方山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十方山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS