刀狩令とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 刀狩令の意味・解説 

刀狩

(刀狩令 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 09:28 UTC 版)

刀狩(かたながり、刀狩り)は、日本の歴史において、武士以外の僧侶や農民などに、武器の所有を放棄させた政策である。


注釈

  1. ^ これ以前の中世社会では、刀を仏にささげる宗教行為が一般化しており、前述した北条泰時の僧侶と従者の腰刀禁止の際や、1185年文治元年の奈良大仏の鎌倉再建の開眼供養会でも境内の熱狂した庶民が貴重品だった腰の刀を舞台に捧げている[13]

出典

  1. ^ a b 「刀狩り」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』
  2. ^ 藤木久志「刀狩令」 『日本史大事典』 2巻、平凡社、1993年。 
  3. ^ 鈴木 2000, p. 65.
  4. ^ 豊臣政権「刀狩り令」以前に刀狩り実施? 滋賀・長浜で古文書発見”. 産経ニュース (2017年12月28日). 2022年9月13日閲覧。
  5. ^ a b 鈴木 2000, pp. 20–54.
  6. ^ 高橋昌明『武士の日本史』2018年、p.135-137<岩波新書>
  7. ^ a b 藤木 2005, pp. 25–38.
  8. ^ ルイス・フロイス 著、松田毅一;川崎桃太 訳 『完訳フロイス日本史』 12巻、中央公論新社、182頁。 
  9. ^ 第二節 織田期の大名、二 一向一揆の越前支配 国中一揆の蜂起」 『福井県史 通史編3 近世1』1982年http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/kenshi/T3/T3-0a1a2-02-01-02-01.htm 
  10. ^ 刀狩コトバンク
  11. ^ 藤木 2005, pp. 45–47.
  12. ^ 第二節 織田期の大名、一 柴田勝家の越前支配「刀さらえ」」 『福井県史 通史編3 近世1』1982年http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/kenshi/T3/T3-0a1a2-02-02-01-04.htm 
  13. ^ 五味文彦 『大仏再建―中世民衆の熱狂』〈講談社選書メチエ〉1995年。 
  14. ^ 山本博文「第3章 刀狩り令に見る秀吉法令の特質」 『消された秀吉の真実―徳川史観を越えて』柏書房、2011年、94 , 110 , 111-118頁頁。 
  15. ^ 藤木 2005, pp. 56–57.
  16. ^ 名古屋大学附属図書館2006年春季特別展「地獄物語」の世界〜江戸時代の法と刑罰〜図録ガイド”. 名古屋大学附属図書館. 2021年1月7日閲覧。
  17. ^ 藤木 2005, pp. 79–87.
  18. ^ 藤木 2005, p. 119.
  19. ^ 藤木 2005, p. 127.
  20. ^ 藤木 2005.
  21. ^ 藤木 2005, pp. 134–160.
  22. ^ 塚本学 『生類をめぐる政治』〈講談社学術文庫〉2013年、12-14頁。 
  23. ^ 渡辺尚志 『百姓たちの幕末維新』草思社、2012年、194-196頁。 
  24. ^ 藤木 2005, pp. 173–183.
  25. ^ 藤木 2005, pp. 186–208.
  26. ^ 藤木 2005, pp. 208–222.





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刀狩令」の関連用語

刀狩令のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刀狩令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刀狩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS