六郷一とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 六郷一の意味・解説 

六郷一(ろくごう・はじめ)

本名小林隆一。1910年(明43)、東京浅草生まれ
初めて書いた創作が「中央公論新人賞の選外佳作となり、小説家志す
土師清二紹介本名にて「大衆倶楽部」に「盗人」を掲載
戦時中反戦運動に投じ、逮捕される。筆名由来は、監獄番号651だったため。
探偵小説としては、 1948年(昭23)に、覆面作家名義で「平凡」に「夜行列車」が掲載された。
1990年(平2)、死去




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「六郷一」の関連用語

六郷一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



六郷一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。

©2020 Weblio RSS