任侠柔一代とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 任侠柔一代の意味・解説 

任侠柔一代

原題:
製作国:日本
製作年:1966
配給:東映
スタッフ
監督:中島貞夫 ナカジマサダオ
原作:富田常雄 トミタツネオ
脚色:中島貞夫 ナカジマサダオ

金子武郎 
企画:西川幸男 

俊藤浩滋 シュンドウコウジ

橋本慶一 
撮影:赤塚滋 
美術:井川徳道 イカワノリミチ
編集:堀池幸三 
録音:木下忠司 キノシタタダシ

中山茂二 ナカヤマシゲジ
スチール:杉本昭三 スギモトショウゾウ
照明:金子凱美 
キャスト(役名
村田英雄 ムラタヒデオ (仏の喜三郎
松方弘樹 マツカタヒロキ (音羽大介
北島三郎 キタジマサブロウ (石動三郎
稲野和子 イナノカズコ (お静
松尾嘉代 マツオカヨ (美保
南風夕子 ミナカゼユウコ (秀駒)
嵐寛寿郎 アラシカンジュウロウ嵐寛壽郎 (とび辰)
若山富三郎 ワカヤマトミサブロウ (万乗十五郎)
菅原謙二 スガワラケンジ (矢野正五郎
小松方正 コマツホウセイ (佃)
小島慶四郎 コジマケイシロウ (留)
二宮ゆき子 ニノミヤユキコ (お時)
藤山寛美 フジヤマカンビ (武)
横山アウト ヨコヤマアウト (養老の政)
御木本伸介 ミキモトシンスケ (戸川
栗原正邦 クリハラマサクニ (健坊)
近江雄二郎 オウミユウジロウ (半次)
中村錦司 ナカムラキンジ (増田
加賀邦男 カガクニオ (星山
小田部通麿 オタベミチマロ (大八
岩尾正隆 イワオマサタカ (虎太郎
有馬竜司  (巽)
徳大寺伸 トクダイジシン (半次郎
西田良 ニシダリョウ (鎌吉)
遠山金次郎 トオヤマキンジロウ (多助)
鈴木金哉  (大村
近松克樹 チカマツカツキ (野村
堀正夫 ホリマサオ (警視総監
那須伸太朗 ナスシンタロウ (医者
丸平峰子 マルヒラミネコ丸平峯子 (仲居
解説
富田常雄原作を、「男の勝負」の中島貞夫と金子武郎が共同脚色し、中島貞夫監督した時代もの。撮影は「893愚連隊」の赤塚滋
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
弘道館四天王一人音羽大介は佃一家の子分に刺された喜三郎助けたのだが、そのため破門にされた。喜三郎は巽組の代貸しだったが、佃に親分と巽の娘静子の夫を殺され、組が解散追い込まれたため、佃を襲ったところ逆に刺されたのだ。大介はそんな喜三郎のため人夫までして治療費を稼いでやった。そんな大介人夫頭の娘美保好意抱いていたが、一方静子の方でも喜三郎の身を案じていた。そんな頃、警視庁柔術師範の職をめぐって柔道柔術がその技を争う大会が開かれることになったが、破門された大介にはどうしようもなかった。そんな大介のために喜三郎矢野正五郎破門取り消すよう頼むのだった大介その頃友人空手達人石動三郎柔術万乗十五郎の技に殺されたため、万乗向い合っていた。二人の間に仲裁に入ったのは矢野正五郎だった。大介は、美保の父とび辰のとりなし破門取り消され、警視庁道場万乗対決することになったが、万乗大介の技の前に敗れ去った。しかし、とび辰が佃に殺され、喜三郎単身佃組に殴り込んだことを聞いた大介は、喜三郎友情報いるため、自分名札道場から外すと佃の家に向かった。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「任侠柔一代」の関連用語

任侠柔一代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



任侠柔一代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS