二七日とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > > 二七日の意味・解説 

ふた‐なぬか【二七日】

人の死後14日目。また、その法事ふたなのか。「二七日の法要を営む」


に‐しちにち【二七日】

ふたなぬか」に同じ。


に‐しちにち【二七日】

〔名〕 一四日間。特に、人の死後四日間。または、一四日目にあたる日。ふたなぬか

やみ夜(1895)〈樋口一葉〉三「主様うせての二七日(ニシチニチ)なりける」


ふた‐なぬか【二七日】

〔名〕

① 一四日間

蜻蛉(974頃)下「世人のさわぐ行ひもせで、二七日はすぎぬ」

② 人の死後四日目。また、その日行なう仏事ふたなのか

続日本後紀承和七年840五月丙申「遣使於左右振給。以太上天皇二七日也」


ふた‐なのか【二七日】

〔名〕 =ふたなぬか(二七日)②

真夏の死(1952)〈三島由紀夫〉「二七日(フタナノカ)がすぎると、夫婦のまはりにはやっと日常生活が還って来た」




二七日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二七日」の関連用語

二七日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二七日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS