事にとは?

こと‐に【異・殊・事・別】

〔副〕 (形容動詞ことなり(異)」の連用形から)

① 他のものとは違った有様で。常のあり方とは違って。…とは異なって。とりわけ。→こと(異)。

万葉(8C後)七・一三一四「(つるばみ)の解き洗ひ衣のあやしくも殊(ことに)着ほしきこの夕へかも」

(10C終)三「人のよろこびしてはしらす車の音、ことに聞えてをかし」

一つ事柄を、特にとり立てて。特に。格別に。

宇津保(970‐999頃)楼上下「ことに例のやうにも見給はで、心にしみて琴(きん)を弾き給ふ

一つ事柄が、他の似た性質事柄の上に、もう一つ加わって。加えて。その上。しかも。

四河入海(17C前)四「又御目にかかる事はあるまい。ことに老来ある程にと思たれば」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「事に」の関連用語

事にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



事にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS