不敵な男とは?

不敵な男

原題:
製作国:日本
製作年:1958
配給:大映
スタッフ
監督:増村保造 マスムラヤスゾウ
製作:永田秀雅 ナガタヒデマサ
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
企画:原田光夫 ハラダミツオ
撮影:村井博 ムライヒロシ
音楽:塚原晢夫 
美術:下河原友雄 シモガワラトモオ
録音:渡辺利一 ワタナベトシカズ
照明:米山勇 ヨネヤマイサム
キャスト(役名
川口浩 カワグチヒロシ (立野三郎
野添ひとみ ノゾエヒトミ (山部秀子)
永井智雄 ナガイトモオ (国広為吉)
有島圭子 アリシマケイコ (妻文江)
山根恵子 ヤマネケイコ (娘美津子)
岸田今日子 キシダキョウコ (咲
矢島ひろ子 ヤジマヒロコ (よしの)
千歳恵美 チトセエミ (民子)
南左斗子 ミナミサトコ (美子
三島愛子 ミシマアイコ (滝江)
三宅川和子 ミヤガワカズコ (絹江)
市田ひろみ イチダヒロミ (満子)
川上康子 カワカミヤスコ (お清)
船越英二 フナコシエイジ (井川刑事
竹里光子 タケサトミツコ (妻光子
亀谷啓  (長男道夫)
石田栄子 イシダエイコ (長女邦子)
原田■ ※■は[言玄] ハラダゲン (松森刑事
夏木章 ナツキショウ (署長
大山健二 オオヤマケンジ (立花警部
杉田康 スギタコウ (ジェットの充秀)
渡辺鉄弥 ワタナベテツヤ (ゾロ金)
黒須光彦 クロスミツヒコ (大学出の辰)
伊藤直保 イトウナオヤス (五郎
石上正二  (芳次)
南方伸夫 ミナミカタノブオ (鶴田老人
中江文夫  (ひかり
市川和子 イチカワカズコ (峯子)
佐々木正時  (コック長)
春本富士夫 ハルモトフジオ (洗濯屋の主人
解説
氷壁」の新藤兼人オリジナル・シナリオを、「巨人と玩具」の増村保造監督したアクション・ドラマで、最低の男呼ばれる一青年の追いつめられた悲恋を描こうというもの。撮影は「巨人と玩具」の村井博。「息子の結婚」の川口浩、「赤線の灯は消えず」の野添ひとみをはじめ、川上康子船越英二市川和子などか出演している。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
サブ国広一家チンピラだ。二十二歳群馬県生れ前科三犯。女のヒモ田舎からポット出の娘を、だまして旅館に連れこみ、暴力で関係をつけて叩き売る国広一家はときに請負って人殺しもやる。トリスバーマダム・咲旦那消したのも、国広の命でサブたちがやった仕事だ。サブ田舎娘山辺秀子を例の手口ひっかけた。が、井川刑事検挙され、一年刑務所送りになった。--刑務所で彼は平和に暮した。そこを出てから後の彼の生活には、もう二度とそんな時は訪れなかった。咲赤線廃止後も、もぐりでアイマイ宿をやっていた。国広が後にい、ひそかに警察のものとも連絡とっていた。サブは出てくると、そこに秀子がつとめているのに会った。彼女は人が変ったようだった。きれいにもなっていた。一月前、そこへ来たという。ヒモになってやろうか。サブが秀子をホテル連れこんだとき、彼女は彼をナイフ刺した。ざまあ見ろ。お前が出てくるのを一年間待っていたんだ。サブ病院費用に、弟分五郎盗みを働く。サブは秀子にまた会い、烈しくののしられる。わたしの一生をふみつぶしたお前が、野たれ死をするのを見たいんだよ。サブ井川刑事に誘われ、彼のに連れて行かれ、初め家庭暖かさに接した。国広連絡のあった警部クビになり、国広はそれをサブ井川通報したからと思った。井川国広一味に撃たれて死んだ。サブは秀子を高松の方のボス売れと命ぜられた。彼もあっちで眠らせてやろう。サブは秀子を沼津で降し、逃がしてやろうとした。秀子はお前を連絡船から突き落してやろうと思ったんだと言ったサブ東京のもとの室へ舞いもどった。秀子が現れた。二人ののしり合い殴り合い、--が、急にサブは彼女をしめ殺すようにして唇を押しつけた。そのとき国広現れサブ乱闘になった。二人争いを秀子は冷く見守った。サブ国広拳銃で彼を殺す。--非常警戒が行われ、国広一家も彼を狙った。サブ拳銃を持ってどぶねずみのように逃げ廻った。一度だけ秀子に会いたかった彼の呼び出しで、秀子の待つ部屋のそばで、サブ国広一家のものに射たれる。サブ警官隊に包囲された。井川刑事殺したのは国広組だ! 去年陸橋人殺しも奴らだ! サブは血まみれで叫んだ。彼は最後に秀子の名を呼ぶと息絶えた。見下す秀子の眼は冷たかった。が、彼の遺骸運び去られるとき、その冷い眼に涙が光っていた。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不敵な男」の関連用語

不敵な男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



不敵な男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS