三遊亭圓楽 (6代目)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 三遊亭圓楽 (6代目)の意味・解説 

三遊亭円楽 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 05:16 UTC 版)

六代目 三遊亭 円楽(さんゆうてい えんらく、1950年昭和25年)2月8日 - 2022年令和4年)9月30日[1])は、日本の落語家俳優。1970年の入門から2010年2月までは三遊亭 楽太郎(さんゆうてい らくたろう)を名乗っていた。


注釈

  1. ^ 圓楽一門会と並行
  2. ^ 「落語界では旧字体の<圓>の字をよく使うが、常用漢字の<円>で通す」[4]と表明しており、襲名以降各種落語会、独演会、テレビ出演等すべての活動において、「(6代目)三遊亭楽」と名乗っている。
  3. ^ 在学時には特段の交流はなく、お互いが30代になって親交が生まれた[49]
  4. ^ 同便ではイベントに同行する予定だった、数名の広告代理店社員が搭乗した。
  5. ^ 当時は瀬戸大橋明石海峡大橋神戸空港は未開業。
  6. ^ セレブネタは昇太の司会就任後に多用しているが、嫌味が強いため昇太からは不評で座布団を没収されることが多い。
  7. ^ これは好楽も同様で、好楽の場合は実際に降板しようとしたことがある。
  8. ^ ちなみに司会者狙いネタについては、歌丸の司会時代は好楽(2011~12年)や木久扇(歌丸の正式司会就任前後)がたびたび、5代目圓楽の司会時代は歌丸が時折やっていたことから、円楽が初という訳ではない(第2343回[67]第1845回[68]など)。また、円楽は過去に前半のコーナーである「アナウンサー大喜利」での司会を小遊三とともに担当していた。
  9. ^ 歌春以外では三番弟子の桂歌若と歌丸の最後の弟子となった桂枝太郎は笑点のアシスタントを担当していた時期があり、収録内で共演していた。。枝太郎からは「歌丸一門の顧問」とも呼ばれている。
  10. ^ ※『笑点』で山形または宮城の各県で収録する際はネタにすることがある
  11. ^ 他の出演者(若手含む)が6代目円楽に対して普通に接しているのに対し、弟子の伊集院は師匠に気遣って接していることが多い。

出典

  1. ^ a b “落語家の三遊亭円楽さん死去、72歳 1月脳梗塞発症、8月高座復帰果たすも…軽度の肺炎から容体悪化”. スポーツニッポン. (2022年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/30/kiji/20220930s00041000433000c.html 2022年9月30日閲覧。 
  2. ^ a b “円楽 落語芸術協会に加入 落語界“統一”へ一歩”. デイリースポーツ. (2017年6月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/28/0010321145.shtml 2017年7月2日閲覧。 
  3. ^ 三遊亭円楽さん死去「遺族、関係者一同、大変急なこと。後日お別れの会を予定」所属事務所発表”. 日刊スポーツ (2022年9月30日). 2022年9月30日閲覧。
  4. ^ 新宿末廣亭2010年(平成22年)3月寄席だより
  5. ^ “三遊亭円楽、涙で不倫認める「浮気と言えば浮気」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2016年6月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1661068.html 2022年8月27日閲覧。 
  6. ^ “円楽 不倫会見で見せた人情味と神対応”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年6月11日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/11/0009172827.shtml 2022年8月27日閲覧。 
  7. ^ “円楽タジタジ…「笑点」ラブホ不倫イジり 昇太“容赦なし”座布団没収”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年7月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/03/kiji/K20160703012895920.html 2018年1月31日閲覧。 
  8. ^ 落語家 三遊亭円楽に関するお知らせ (PNG)”. オフィスまめかな (2018年9月28日). 2018年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月28日閲覧。
  9. ^ “「肺がん」円楽さん 仕事に復帰”. FNN.jpプライムオンライン. (2018年10月12日). https://www.fnn.jp/posts/00403039CX 2019年8月20日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ “円楽さん、脳腫瘍で休養 笑点への出演継続は「検討中」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年7月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM7M544BM7MUCVL020.html 2019年7月19日閲覧。 
  11. ^ 円楽、脳腫瘍公表 1カ月前から「調子がよろしくない」 既に入院、3週間療養へ”. SponichiAnnex (2019年7月20日). 2019年7月20日閲覧。
  12. ^ “三遊亭円楽、脳腫瘍から復帰 「浜野矩随」を熱演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年8月11日). https://hochi.news/articles/20190811-OHT1T50145.html 2019年8月11日閲覧。 
  13. ^ “三遊亭円楽、高座から退院を報告 予定時間をオーバーする熱演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月20日). https://www.sanspo.com/article/20190820-5X6UDKG7VJIM3DBL7MMCTGUHWU/ 2019年8月20日閲覧。 
  14. ^ 三遊亭円楽、昨年に肺がん再発していた 過去の大腸がんも明かす”. oricon news. oricon (2020年11月30日). 2020年12月10日閲覧。
  15. ^ 伊集院光、師匠・円楽の前で30年ぶり高座復帰「青春時代の宿題だった」,スポーツ報知,2021年6月14日
  16. ^ “三遊亭円楽、脳梗塞で入院 意識あり「命に別状はない」コロナとの関連なし”. 日刊スポーツ. (2022年1月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201260000388.html 2022年1月26日閲覧。 
  17. ^ “三遊亭円楽 今年の「夏頃まで」休養を延長、「余裕をもってリハビリ」脳梗塞のため入院中”. 日刊スポーツ. (2022年2月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202202180000400.html 2022年2月18日閲覧。 
  18. ^ “三遊亭円楽が退院「時間をかけて確実な復帰を目指したい」脳梗塞で4カ月の入院治療”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年5月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205230001298.html 2022年5月23日閲覧。 
  19. ^ a b 三遊亭円楽さん自宅に近所住民が花手向ける、バリアフリー工事進めていた 三遊亭好楽の姿も - 日刊スポーツ 2022年10月1日
  20. ^ “三遊亭円楽 8月11日に高座復帰「“リハビリ見てるんじゃねえ”とお怒りになりませんよう」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年7月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/19/kiji/20220719s00041000621000c.html 2022年7月19日閲覧。 
  21. ^ 三遊亭円楽「まだ、死んでねえよ」毒舌健在、円楽一門会に元気な姿 1月脳梗塞発症リハビリ中”. 日刊スポーツ (2022年7月22日). 2022年7月22日閲覧。
  22. ^ “三遊亭円楽 脳梗塞休養後初めて高座復帰 目に涙を浮かべ「死ぬまでやれるよう、頑張ります」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年8月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/11/kiji/20220811s00041000193000c.html 2022年8月11日閲覧。 
  23. ^ “三遊亭円楽、高次脳機能障害を告白 短期記憶に障害も「昔覚えた落語は忘れてない」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年8月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2245492/full/ 2022年8月11日閲覧。 
  24. ^ 三遊亭円楽さん死去72歳肺がん 1月脳梗塞も5月退院 「笑点」で桂歌丸さんと掛け合い楽太郎 - 2022年9月30日
  25. ^ a b “三遊亭円楽、軽度の肺炎で入院 高座復帰果たしたばかり 所属事務所「誠に残念でなりません」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年8月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2247258/full/ 2022年8月27日閲覧。 
  26. ^ a b 三遊亭円楽が軽度の肺炎で入院 食事もとれ顔色も良好 30日開催予定「三遊亭円楽独演会」中止”. 日刊スポーツ (2022年8月27日). 2022年8月27日閲覧。
  27. ^ 「肺炎」で入院していたが…六代目三遊亭円楽が亡くなっていた”. FRIDAYデジタル (2022年9月30日). 2022年9月30日閲覧。
  28. ^ 三遊亭好楽「歌さんが呼んじゃったのかな」笑点メンバーの兄弟子が円楽さん悼む」『スポーツ報知』、2022年10月1日。2022年10月7日閲覧。
  29. ^ 落語家 三遊亭円楽に関するお知らせ”. オフィスまめかな (2022年9月30日). 2022年10月1日閲覧。
  30. ^ 元弟子の伊集院光、故三遊亭円楽さんと約1時間の対面 問いかけに反応するもコメントせず - 日刊スポーツ 2022年10月1日
  31. ^ a b 三遊亭円楽さんの遺志を継ぎ「博多・天神落語まつり」存続目指す 歌丸夫人・冨士子さん、藤波辰爾らが弔問 - スポーツ報知 2022年10月2日
  32. ^ 伊集院光 円楽さん宅を弔問50分 林家たい平は「言葉出なくて」目を潤ませ 死去から一夜 - デイリースポーツ online 2022年10月2日
  33. ^ 三遊亭円楽さんの通夜営まれる 紫の着物姿で眠るような穏やかな表情 - サンスポ 2022年10月3日
  34. ^ 円楽さん葬儀 出囃子で出棺 夫人は涙で見送る「楽さん、ありがとう」 - デイリースポーツ online 2022年10月4日
  35. ^ 三遊亭円楽さん、法名に本名「泰通」と襲名願っていた「円生」が入る”. 日刊スポーツ (2022年10月1日). 2022年10月2日閲覧。
  36. ^ 三遊亭円楽さん死去 前橋市内に墓を用意し、まえばし観光大使を務めるなど群馬と深い関わり - 上毛新聞社 2022年10月1日
  37. ^ “三遊亭円楽さんが尽力した円生継承問題「必ず円楽も円生も誰かしらに継がせます」好楽思い継ぐ”. 日刊スポーツ. (2022年10月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202210280000962.html 
  38. ^ TBS芸能エンタメ情報 (2022年10月29日). “【三遊亭円楽さん偲ぶ会】圓楽一門会 愛と毒の笑いを持って六代目三遊亭円楽を送り出す”. youtube. 2022年11月1日閲覧。
  39. ^ “円楽さんプロデュース「博多・天神落語まつり」笑点メンバーが爆笑締め 4日間で1万5000人動員”. スポーツ報知. (2022年11月7日). https://hochi.news/articles/20221106-OHT1T51286.html?page=1 
  40. ^ 渡辺寧久 (2022年10月28日). “<寄席演芸の人びと 渡辺寧久>円楽師匠とともに 落語フェス運営責任者・竹下信孝さん”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/210607 
  41. ^ “三遊亭円楽さん納骨…前橋市での四十九日法要に夫人と親族、直弟子の三遊亭楽大らが出席”. スポーツ報知. (2022年11月15日). https://hochi.news/articles/20221114-OHT1T51221.html?page=1 
  42. ^ 広瀬和生 (2019年5月10日). “【第60回】「六代目圓楽襲名」”. 本がすき。. 『21世紀落語史』. 光文社. 2020年2月15日閲覧。
  43. ^ 三遊亭円楽師匠のご冥福をお祈り申し上げます。 - お線香・お香・フレグランスの日本香堂公式サイト 2022年9月30日
  44. ^ a b c d 三遊亭円楽|笑点”. 日本テレビ. 2022年10月12日閲覧。
  45. ^ 六代目 三遊亭円楽 『流されて円楽に 流れつくか圓生に』竹書房、2019年11月4日。ISBN 9784801920392 
  46. ^ “瀬古利彦氏「ビールを呑みながら冗談を」三遊亭円楽さんと40年近い付き合い「マネし合う」関係”. 日刊スポーツ. (2022年9月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202209300001304.html 2022年10月1日閲覧。 
  47. ^ 一色恭志 Tadashi Isshiki [@one0color] (2015年1月1日). "円楽師匠、ありがとうございます。笑" (ツイート). Twitterより2022年8月27日閲覧
  48. ^ 『ゆでたまごのリアル超人伝説』ゆでたまご、宝島社新書、p.225。
  49. ^ 天龍源一郎『完本 天龍源一郎』(2016年・竹書房・ISBN 9784801908444)p175
  50. ^ 三遊亭円楽&天龍源一郎、中学の同級生がテレビ初共演 - ORICON NEWS 2017年5月24日
  51. ^ 円丈、円楽「さんゆうの雪解け」”. YOMIURI ONLINE (2013年12月16日). 2013年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月16日閲覧。
  52. ^ 「談志が死んだ──立川流はだれが継ぐ──」(講談社、2003年)より
  53. ^ 三遊亭 圓楽さん 東祥三 応援動画 | 東 祥三 ホームページ 2022年10月12日閲覧
  54. ^ a b “三遊亭円楽、出家していた! 一足早く「円生」を“襲名””. スポーツ報知. (2016年12月13日). オリジナルの2016年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161213090431/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161213-OHT1T50078.html 2016年12月13日閲覧。 
  55. ^ a b c “前橋の観光大使に円楽さんら 30年前に「墓」取得、死んだら住民票移す”. 高崎前橋経済新聞. みんなの経済新聞. (2016年3月25日). http://takasaki.keizai.biz/headline/2684/ 2016年12月13日閲覧。 
  56. ^ “「まえばし観光大使」の委嘱について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 群馬県前橋市, (2016年3月24日), http://www.city.maebashi.gunma.jp/sisei/450/465/006/p016252_d/fil/20160324_1.pdf 2016年12月13日閲覧。 [リンク切れ]
  57. ^ 山田隆夫 『ボクに運が巡ってくる55の理由』廣済堂出版、2012年5月25日、170–173頁。ISBN 9784331516355 
  58. ^ 春風亭小朝、亡き六代目・三遊亭圓楽さんとの思い出を語る”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2022年11月10日). 2022年11月15日閲覧。
  59. ^ 三遊亭円楽さん死去72歳肺がん 1月脳梗塞も5月退院 「笑点」で桂歌丸さんと掛け合い楽太郎”. 日刊スポーツ (2022年9月30日). 2022年9月30日閲覧。
  60. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』73ページ
  61. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』74ページ
  62. ^ 三遊亭円楽さん「友達っていいねぇ!」唯一“毒を吐かなかった”笑点メンバーはあの人”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2022年10月10日). 2022年10月13日閲覧。
  63. ^ ☆コレですよぉ~☆ ニックス エミ・トモのブログ 2011年6月28日 2016年6月2日 閲覧
  64. ^ 円楽腹黒ラーメンVS木久蔵ラーメン、どっちがまずい?”. @DIME. 小学館 (2017年4月23日). 2022年8月27日閲覧。
  65. ^ a b ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』76ページ
  66. ^ ぴあMOOK『笑点五〇年史 1966-2016』77ページ
  67. ^ 放送内容 第2343回 笑点 - 日本テレビ
  68. ^ 放送内容 第1845回 笑点 - 日本テレビ
  69. ^ “円楽『笑点』司会は「嫌です」 「仕切る気持ちはありません」とニッコリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年5月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2071997/full/ 2022年8月27日閲覧。 
  70. ^ “「笑点」を圓楽が乗っ取り!? 大喜利クーデターの行方は?”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年3月31日). https://thetv.jp/news/detail/142215/ 2022年8月27日閲覧。 
  71. ^ 円楽『笑点』一日限りの司会 エイプリルフールで昇太は回答者に「戻りたいよぉー」”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2018年3月31日). 2018年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月8日閲覧。
  72. ^ 円楽さん死去 「笑点」出演は今年1月の放送が最後に”. 毎日新聞 (2022年9月30日). 2022年10月12日閲覧。
  73. ^ 三遊亭円楽が「笑点」にVTR出演 メンバーにうなぎ差し入れも反応は… - サンスポ 2022年8月21日
  74. ^ 三遊亭円楽 24時間テレビ「笑点」コーナー欠席「“ぜひ来たい”って言っていたんですが…大事を取って」 - Sponichi Annex 2022年8月28日
  75. ^ 三遊亭円楽さん死去 日テレ10・2放送の「笑点」は通常編成 追悼VTRの放送を予定 - サンスポ 2022年9月30日
  76. ^ 三遊亭円楽さん名場面集放送の「笑点」視聴率17・7%の高数字…9日に追悼番組を予定 - スポーツ報知 2022年10月3日
  77. ^ 春風亭小朝 (2022年11月4日). “正しい笑点の楽しみ方”. 春風亭小朝公式ブログ. ameba blog. 2022年11月5日閲覧。
  78. ^ 「笑点」三遊亭円楽さんは休場扱い 来年のカレンダーも「亡くなってもそのまま販売してきた」 - 日刊スポーツ 2022年9月30日
  79. ^ 「笑点」が追悼特番 三遊亭円楽さん涙…「じじい、早すぎるんだよ!」”. 産経ニュース (2018年7月8日). 2022年2月8日閲覧。
  80. ^ 円楽 落語芸術協会に加入 落語界“統一”へ一歩 - デイリースポーツ 2017年6月28日
  81. ^ 桂歌丸を「人間国宝」に――ネット上の署名活動が話題に 発起人は三遊亭円楽さん - ITメディアニュース 2016年5月18日
  82. ^ 歌丸さん死去 笑点メンバーが追悼 円楽「とうとう洒落にならなくなりました」 - デイリースポーツ 2018年7月2日
  83. ^ “三遊亭円楽「ジジイ!早すぎるんだよ!」 歌丸さんへ思い叫び、こらえきれず涙…”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2115155/full/ 2022年8月27日閲覧。 
  84. ^ 8月中席”. 国立演芸場. 国立芸術文化振興会 (2019年). 2022年2月18日閲覧。
  85. ^ 8月中席”. 国立演芸場. 国立芸術文化振興会 (2020年). 2022年2月18日閲覧。
  86. ^ 8月中席”. 国立演芸場. 国立芸術文化振興会 (2021年). 2022年2月18日閲覧。
  87. ^ “肺がん公表の円楽、術後1週間で高座復帰!”. テレビ朝日. (2018年10月12日). https://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20181012_150 2022年8月27日閲覧。 
  88. ^ 円楽18年ぶり時代劇 語り役で江戸の文化や歴史の背景解説”. スポニチアネックス (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  89. ^ 「赤めだか」二宮和也らが故・立川談志師匠に撮了報告”. ニュースウォーカー (2015年11月21日). 2015年12月7日閲覧。
  90. ^ moviecollectionjp (2019年8月4日). “三遊亭円楽部長が困ったサラリーマンに物申す!/Phone Appli「連絡とれるくん」CM映像”. youtube. 2020年6月6日閲覧。
  91. ^ 伊集院光 (2016年9月24日). “鬼軍曹”. 伊集院光 オフィシャルブログ. LINE BLOG. 2020年12月8日閲覧。 “三遊亭五九楽兄さん!この人は、正確には先代の円楽師匠の弟子なんだけど三遊亭楽太郎門下に弟子が入る前から楽太郎についていたもんだから総領弟子みたいもので のちに入る僕ら門下生の教育係で怖かったのなんの。”
  92. ^ 企画は、ひと言。公式サイト[リンク切れ]


「三遊亭円楽 (6代目)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三遊亭圓楽 (6代目)」の関連用語

三遊亭圓楽 (6代目)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三遊亭圓楽 (6代目)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三遊亭円楽 (6代目) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS