一人カラオケとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 一人カラオケの意味・解説 

一人カラオケ

読み方:ひとりカラオケ

複数人行われることの多いカラオケにおいて一人きり部屋借り、また歌うことを意味する語。以前よりも「ひとカラ」を行う客が増えてきており、カラオケ店一人部屋増やすなど対策とっていることが多い。

ヒトカラ

(一人カラオケ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 20:48 UTC 版)

ヒトカラとは、「一人カラオケ」の略語で、カラオケを一人だけで楽しむことや一人でカラオケの練習をすることを指す俗語である[2][3][4][5][6][7]。「ひとカラ」と表記される場合もある[8][9][10][11]。「ヒトカラ」は、株式会社エクシング登録商標である(登録番号第4858993号)[5][12]


注釈

  1. ^ a b c 「ヒトカラの鉄人」は2018年8月31日に閉店したため現存しない[1]
  2. ^ 作家・工学博士の森博嗣(もり ひろし)とは別人。
  3. ^ 2007年に掲載された毎日新聞の記事によれば、クリアックス社員が「ヒトカラ」という言葉を使う男性客に初めて遭遇したのが4年前(=2003年)である旨の記述がある[2]
  4. ^ 全国カラオケ事業者協会のカラオケ歴史年表によれば、「カラオケボックス」と呼ばれる店舗は岡山県で1985年に船舶用コンテナを利用してできたものが最初としている[30]。一方、前川洋一郎によれば、「カラオケボックス」第一号は岡山県にてトラック輸送コンテナを改造して1986年に誕生したものであるとしており[31]、発祥年に食い違いがある。
  5. ^ 前川洋一郎、全国カラオケ事業者協会共に「カラオケボックス」の本格的なブームは1988年からとしている[30][32]
  6. ^ おひとりさま」は、ジャーナリストの岩下久美子がかつて運営していたウェブサイト「おひとりさま向上委員会」及び書籍「おひとりさま(ISBN 978-4120031793)」で考案した言葉で、「個の確立した女性」[21]「精神的に自立した女性」[48]「一人で過ごす時間を作ることで自立心を育むこと」[21]などと定義されており、本来女性を想定した言葉であった。岩下久美子が2001年に他界した後、エッセイストの葉石かおりが言葉の遺志を受け継ぎ、2005年の流行語大賞にノミネートされた[48]。現在では「一人で飲食店に入る女性」[48]「恋人や夫がいない寂しい女性」[48]などと拡大解釈されているほか、女性のみならず老若男女を問わない概念[21]として捉えられている。
  7. ^ クリアックスは、毎日新聞の取材に対して「2005年から一人客が増えた」と語っており[2]日本証券新聞でも「2005年あたりから若者を中心にヒトカラが増え始めた」と報じている[4]シダックスは、産経新聞の取材に対しては「2006年の総客数における一人客の割合は15%で、4年前の2.4倍に増加した」[3]日本経済新聞の取材に対しては「2006年の一人客の割合は16%で、ここ3年間で倍増した」と語っている[49]。カラオケの鉄人(鉄人化計画)は、読売新聞の取材に対して「2008年の平日昼間の利用客のうち3割が一人客で、この半年で倍増した」と語っている[6]
  8. ^ 具体的には中川翔子[50]小倉優子[16][50][51]ベッキー[16][51]の3名が取り上げられることが多い。
  9. ^ 日本証券新聞は「シダックスのとある店舗では1年間の総客数における一人客の割合は2割近く」[4]読売新聞は「カラオケの鉄人(鉄人化計画)における平日午前から夕方までの利用者のうち、約3割が一人客」[6]日本経済新聞では「ビッグエコー(第一興商)における一人客の割合は25%、シダックスでは2割、まねきねこ(コシダカHD)では3割弱」[28]朝日新聞は「首都圏のまねきねこにおける一人客は部屋ベースで3割を占める」[37]と報じている。
  10. ^ ビッグエコーの事例(新宿西口店)コート・ダジュールの事例(池袋南口店)カラオケ本舗まねきねこの事例(千歳烏山店)。利用料金表に一人カラオケ(ヒトカラ)向けの料金が別に設定されている、若しくは一人で利用時の料金は別途従業員に確認するよう注意書きがなされている(2017年5月6日閲覧)。
  11. ^ インターネットアーカイブのキャッシュによれば、2004年12月9日時点でのゲラゲラ横須賀店の店舗案内には個室ルームにセガカラが導入されている旨が記載されているが、2006年1月16日時点での店舗案内には記載が無くなっている(2014年2月10日閲覧)。
  12. ^ 店舗の詳細はワンカラ公式サイトの店舗一覧(SHIP LIST)を参照のこと。
  13. ^ 店舗の随所に「ヒトカラ」がエクシングの登録商標である旨明記されていた。
  14. ^ 「イチカラ」の商標は「一カラ」(登録番号5525337号)として福岡県のカラオケボックス運営企業である有限会社クイーンズエコーが取得しているほか[12]、「ソロカラ」(登録番号5506566号)の商標は福岡県のアミューズメント企業である大洋グループが取得している[12]

出典

  1. ^ 2018年8月6日 16:04のツイート - ヒトカラの鉄人下北沢店(@hitotetsu_shimo)によるTwitter、2018年11月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 柴田真理子 (2007年7月10日). “増える「一人カラオケ」 ストレス解消に練習に(くらしナビ)” (日本語). 毎日新聞(東京、朝刊): p. 15  - 新聞縮刷版平成19年7月号(No.691)381ページ
  3. ^ a b c d e f g h 海老沢類 (2007年10月1日). “気を使わず没頭、一人カラオケ"ヒトカラ" ストレス発散に人気(ENAK)” (日本語). 産経新聞(東京朝刊). http://www.sankei.co.jp/enak/2007/oct/kiji/01life_hitokara.html 2012年12月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i 市民権を得た"ヒトカラー" 「一人カラオケ」何か問題でも?” (日本語). コラム(NSJモバイル). 日本証券新聞 (2008年10月7日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年5月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h "ヒトカラ(新語流行語)". イミダス (日本語). 集英社. 2012. - ジャパンナレッジにて2013年5月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m “広がる「ヒトカラ」 大声でストレス発散、納得いくまで歌練習” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、生活A): p. 15. (2008年6月3日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 寺下真理加 (2013年9月14日). “堂々楽しむ「一人カラオケ」 楽器も動画でコラボ 機械の精密採点で鍛錬(be report)” (日本語). 朝日新聞be on saturday: p. b4 
  8. ^ a b 日本語) 『現代用語の基礎知識2009年版』自由国民社、2008年、1201頁。ISBN 978-4426101275 
  9. ^ a b 内藤みか (2010年10月21日). “ひとりカラオケ、930円。(ラブログ、なのかも。リターンズ)” (日本語). AERA dot.. 朝日新聞出版. 2014年1月21日閲覧。
  10. ^ "「熱唱! ひとりカラオケ」". ドキュメント72時間. 17 May 2013. NHK総合テレビジョン. 2017年5月5日閲覧
  11. ^ a b c 前川洋一郎 2009, p. 195.
  12. ^ a b c d e f 特許情報プラットフォーム” (日本語). J-PlatPat. 工業所有権情報・研修館. 2014年3月3日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h “ヒトカラ(キーワード)” (日本語). 日経流通新聞: p. 2. (2007年6月6日)  - 日経テレコンにて2012年10月13日閲覧。
  14. ^ a b “10代に人気、一人カラオケ「ヒトカラ」携帯利用、登録200万人=YJP” (日本語). 読売新聞(東京夕刊、子供D): p. 7. (2009年5月23日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  15. ^ 前川洋一郎 2009, pp. 14, 237.
  16. ^ a b c d e f g 小宮山明希「なぜか現代に流行する、女性一人の「ひとり上手」」『週刊朝日』第114巻第13号、朝日新聞出版、2009年3月27日、 36頁。 - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月20日閲覧。
  17. ^ 前川洋一郎 2009, p. 197.
  18. ^ “トヨタ、きょうから都内で、ショールームで「アイデア五輪」” (日本語). 日経産業新聞: p. 13. (1991年12月4日)  - 日経テレコンにて2013年1月20日閲覧。
  19. ^ “街を歩けば、何をもらえる?―師走の都内5ヵ所で、記者7人がチャレンジ” (日本語). 毎日新聞(東京夕刊、総合): p. 3. (1995年12月19日)  - 毎日Newsパックにて2013年6月20日閲覧。
  20. ^ a b c “一人の世界(新宿劇場:4)” (日本語). 朝日新聞(東京、朝刊): p. ページ数不明. (1991年6月14日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g もりひろし (2013年7月9日). “ひとり消費のコトバたち:80年代から兆しがあった単独行動(社会を映し出すコトバたち)” (日本語). 日経ビジネスオンライン. 日経BP. 2013年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  22. ^ a b c 高橋淳子「独り遊びの女 都市空間のあそこに、ここに神出鬼没」『AERA』第13巻第8号、朝日新聞出版、2000年2月21日、 49頁。 - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  23. ^ “「当世・常識非常識」カラオケ編 好き派・嫌い派、歩み寄るには” (日本語). 読売新聞(東京夕刊、夕一面): p. 1. (2002年7月1日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  24. ^ a b c d e f “「ひとり流」"一人カラオケ"で発散…気兼ねせず大声 好きな曲次々” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、生活B): p. 17. (2003年7月1日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  25. ^ 野村浩子 (2003年11月6日). “家族や恋人と過ごすより大切(日経ウーマン野村浩子編集長の女性真理学)” (日本語). 日経流通新聞: p. 11  - 日経テレコンにて2012年12月13日閲覧。
  26. ^ a b c d e “カラオケボックス共演中、くつろぎのレストラン、1.5畳の1人用、低迷打開へ” (日本語). 日経産業新聞: p. 20. (2004年10月6日)  - 日経テレコンにて2012年10月13日閲覧。
  27. ^ a b c d “業界初、パソコン向けカラオケ配信サービス「セガカラ for PC」を複合カフェに提供” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2004年8月19日), オリジナルの2015年4月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150416220642/http://sega.jp/corp/release/2004/0819_1/ 2015年12月25日閲覧。 
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大西康平 (2012年7月27日). “「1人カラオケ」若い世代で増加―気疲れイヤ、「独唱」謳歌(消費を解く)” (日本語). 日経流通新聞: p. 16  - 日経テレコンにて2013年9月23日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h “「カラオケ万能空間」(1)お一人さま専門店も登場” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、生活A): p. 21. (2012年1月25日)  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  30. ^ a b カラオケ歴史年表” (日本語). 全国カラオケ事業者協会. 2014年2月19日閲覧。
  31. ^ 前川洋一郎 2009, pp. 99–100.
  32. ^ 前川洋一郎 2009, p. 101.
  33. ^ “東海地方で個室カラオケ流行中 健全ムードに人気” (日本語). 朝日新聞(名古屋、夕刊、1社): p. 19. (1989年4月28日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  34. ^ “「密室」カラオケボックス 防犯面に問題(NEWS三面鏡)” (日本語). 朝日新聞(西部、朝刊、1社): p. 23. (1989年9月6日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  35. ^ “カラオケ最前線、この演出がたまらない―マイク片手にランチ、東京・中目黒” (日本語). 日経流通新聞: p. 24. (1992年3月17日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  36. ^ “平成不況下のサラリーマン、オサボリ族が増殖―潜在需要をパブが"飲む"” (日本語). 日経流通新聞: p. 28. (1993年5月18日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i j k l 大内奏 (2012年6月18日). “一人カラオケ"定着" 専門店、関東や関西に続々と【名古屋】” (日本語). 朝日新聞(夕刊、1社会): p. 9  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g h i “大学生がつくる新聞:カラオケ、居酒屋、回転寿司…「一人」を楽しむ学生/静岡” (日本語). 毎日新聞(地方版、静岡): p. 24. (2010年10月30日)  - 毎日Newsパックにて2013年6月20日閲覧。
  39. ^ a b c d 山内浩司 (2012年4月3日). “ヒトカラは座禅なり(甲乙閑話)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、文化1): p. 29  - 聞蔵IIビジュアルにて2012年10月13日閲覧。
  40. ^ 宮川匡司 (1991年4月13日). “佐々木幹郎氏―カラオケは現代の「障」落とし(土曜版)” (日本語). 日本経済新聞(朝刊): p. 45  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g 小林明 (2008年5月24日). “カラオケ代は「おひとり様」へ(裏読みWAVE)” (日本語). 日経プラスワン: p. 13  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  42. ^ a b c d e “1人でカラオケ、セガがサービス―複合カフェと組む” (日本語). 日経産業新聞: p. 5. (2004年8月20日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  43. ^ 北山修 (2004年12月12日). “誓い:2 カラオケ きたやまおさむ(ちょっと深呼吸)【西部】” (日本語). 朝日新聞(朝刊、生活2): p. 32  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  44. ^ “さらばストレス(電脳喫茶 aspara倶楽部)” (日本語). 朝日新聞夕刊be、木曜2面): p. 6. (2007年10月4日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年1月22日閲覧。
  45. ^ a b c “「ヒトカラ」浸透中/利用者増加、専門ブースも(香川ニュース)” (日本語). 四国新聞. (2014年2月23日). オリジナルの2014年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140401070455/http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/trend/20140223000117 2015年12月25日閲覧。 
  46. ^ a b c d e 辻元芳孝 (2010年5月27日). “「おひとりさま」に市民権 需要増に不況も後押し=岩手” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、岩手2): p. 32  - ヨミダス文書館にて2013年5月29日閲覧。
  47. ^ 加渡いづみ (2012年7月28日). “おひとりさま消費(土曜コラム けいざい道標)” (日本語). 徳島新聞. オリジナルの2014年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140421005248/http://www.topics.or.jp/special/130516742292/2012/07/2012_134343851504.html 2015年8月19日閲覧。 
  48. ^ a b c d 嶋田淑之 (2010年8月28日). “「おひとりさま」の本当の意味―きき酒師・エッセイスト 葉石かおりさん(嶋田淑之の「この人に逢いたい!」)” (日本語). ITmediaエグゼクティブ. アイティメディア. p. 5. 2014年2月10日閲覧。
  49. ^ a b 松永高幸 (2007年4月7日). “納得?カラオケの採点―音程偏重に不満、抑揚などで加点(暮らしサプライズ)” (日本語). 日経プラスワン: p. 15  - 日経テレコンにて2013年1月20日閲覧。
  50. ^ a b 「一人カラオケ」、したことありますか?” (日本語). Excite Bit コネタ. エキサイト (2008年6月26日). 2014年2月17日閲覧。
  51. ^ a b ゆうこりんも「推奨」 「一人カラオケ」がブーム” (日本語). J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2007年7月16日). 2014年2月17日閲覧。
  52. ^ “カラオケに行く回数増えましたか(ネット1000人調査)” (日本語). 日経産業新聞: p. 20. (2004年10月8日)  - 日経テレコンにて2013年6月20日閲覧。
  53. ^ カラオケ施設の推移” (日本語). カラオケ業界の概要と市場規模. 全国カラオケ事業者協会 (2012年). 2013年1月13日閲覧。
  54. ^ "2012年日経MJヒット商品番付". ワールドビジネスサテライト. 4 December 2013. テレビ東京. 2017年12月19日閲覧
  55. ^ “How karaoke took over the world” (英語). Yahoo! News UK (Yahoo!). (2012年5月24日). https://uk.news.yahoo.com/how-karaoke-took-over-the-world-20120524.html 2012年12月24日閲覧. "If you know your jūhachiban from your hitokara, then you'll know that we're talking about one of the most popular social pursuits of the past 40 years; karaoke." 
  56. ^ 石山宏一 (2009年4月6日). “石山宏一の新語ウォッチング” (日本語). 小学館ランゲージワールド. 小学館. 2013年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月11日閲覧。 “研究社のオンライン辞典KODには「ヒトカラ」を「ひとりカラオケ」と書き換えて「(1人で楽しむカラオケ)solo karaoke; karaoke on one's own」とあった”
  57. ^ カジハマトモコ (2012年12月19日). “母国のカラオケ事情はどんな感じ? 日本在住の外国人に聞いてみた” (日本語). マイナビニュース. マイナビ. 2013年1月28日閲覧。
  58. ^ 小豆沢紀子 (2013年5月30日). “"ヒトカラ"に"1人酒"…日本人はなぜこれほど「孤独」が好きなのか?―華字紙” (日本語). 中国情報の日本語メディアFOCUS-ASIA.COM. フォーカス・アジア. p. 2. 2016年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年7月30日閲覧。
  59. ^ a b c “歌って元気に:3 一人カラオケ、好きに練習(55プラス)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、生活2): p. 31. (2011年7月31日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2012年10月13日閲覧。
  60. ^ a b c d e f g h i 小幡雄也 (2012年6月26日). “ストレス発散か特訓か 心ゆくまで一人カラオケ” (日本語). 北日本新聞47NEWS. オリジナルの2014年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140306201743/http://www.47news.jp/localnews/toyama/2012/06/post_20120626091944.html 2015年12月25日閲覧。 
  61. ^ 宮野茉莉子 (2012年3月23日). “一人カラオケ専門店まで登場!ダイエットにもオススメ!?「ヒトカラ」の楽しみ方(Peachy)” (日本語). Livedoor ニュース. LINE. 2012年12月24日閲覧。
  62. ^ a b c 鈴木英子 (2013年10月15日). “20代の3割が「ひとりカラオケ」経験有り” (日本語). 日経ウーマンオンライン. 日経BP. 2013年10月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年5月19日閲覧。
  63. ^ 鈴木勝一 (2008年2月7日). “街の詩:一人カラオケ” (日本語). 毎日新聞(北海道夕刊): p. 8  - 毎日Newsパックにて2013年6月20日閲覧。
  64. ^ 今や「おひとり様」は常識! 女性の約9割が経験あり〜「おひとり様」調査” (日本語). マイナビニュース. マイナビ (2012年5月21日). 2018年7月30日閲覧。
  65. ^ vol.120「おひとり様」旅行?ディナー?カラオケ?「おひとり様」で痛いと思う行為ランキング&「行為別おひとり様」の経験率を発表!” (日本語). OLマーケットレポート. サンケイリビング新聞社 (2012年10月26日). 2012年12月24日閲覧。
  66. ^ a b c d e f g “カラオケ進化系、個性「満点」―コシダカ、一人客、「気兼ねせず」若者熱唱” (日本語). 日経流通新聞: p. 3. (2012年1月18日)  - 日経テレコンにて2012年12月4日閲覧。
  67. ^ 七ノ瀬(日本語『女の子の声になろう!』秀和システム、2009年、24頁。ISBN 978-4-7980-2330-4https://books.google.co.jp/books?id=q_vYXUukqr0C&pg=PA242013年1月6日閲覧 
  68. ^ a b c d “幅広げるカラオケ王国 1人演奏・足湯にVIPルームも(東京照射)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、東京西部、1地方): p. 25. (2012年9月23日)  - 聞蔵IIビジュアルにて2013年2月1日閲覧。
  69. ^ ギター練習に最適!カラオケで楽器を弾こう!” (日本語). JOYSOUND. エクシング. 2015年8月19日閲覧。
  70. ^ 前川洋一郎 2009, pp. 196–197.
  71. ^ a b マネーポストWEB (2018年7月17日). “増加する「ヒトカラ」ユーザーの実態 歌わないで過ごす人も” (日本語). NEWSポストセブン. 小学館. 2018年7月29日閲覧。
  72. ^ a b 今や専門店まである一人カラオケ ゆとりやノマドも積極活用” (日本語). NEWSポストセブン. 小学館 (2012年10月28日). 2013年4月4日閲覧。
  73. ^ ヒトカラデビュー計画” (日本語). ちょっと違った遊び方. 鉄人化計画. 2012年12月24日閲覧。 “金・土・祝前日の夜間、土・日曜日の昼間時間帯、年末年始等、混雑のためお一人様でのご利用をお断りさせていただく場合がございます。”
  74. ^ よくあるご質問” (日本語). B&V. 2014年11月11日閲覧。 “1人で行ってもいいのでしょうか?”
  75. ^ カラオケボックス業界 かつての「国民的娯楽」は今や前途に光が見えず(企業徹底研究)” (日本語). キャリコネ. グローバルウェイ (2012年12月6日). 2015年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月24日閲覧。
  76. ^ “シダックス「ひとりカラオケ」に泣く 事業を売却” (日本語). 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年5月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31187900R30C18A5000000/ 2018年7月29日閲覧。 
  77. ^ 一人カラオケの流れに乗れず… 「グループ重視」シダックスが「撤退」” (日本語). J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2018年5月31日). 2018年7月29日閲覧。
  78. ^ a b c d “コシダカ、「お一人様」カラオケ店、今月下旬、東京・神田に” (日本語). 日本経済新聞(地方経済面、北関東): p. 41. (2011年11月3日)  - 日経テレコンにて2013年9月23日閲覧。
  79. ^ a b “下北沢に一人カラオケ専門店―「カラオケの鉄人」が新業態” (日本語). 下北沢経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2012年9月13日). https://shimokita.keizai.biz/headline/1597/ 2012年12月24日閲覧。 
  80. ^ a b フタバ@カフェ 中洲gate's店” (日本語). フタバ@カフェ. フタバ図書. 2014年3月3日閲覧。
  81. ^ a b ワンツーカラオケ” (日本語). 快活CLUB. 快活フロンティア. 2014年3月3日閲覧。
  82. ^ 安福聰 (2012年2月29日). “ヒトカラ(一人カラオケ)専門店に行ってみた!” (日本語). アスキーPC編集部ブログ. KADOKAWA. 2014年3月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月5日閲覧。
  83. ^ カラオケ館に「ひとりカラオケ」専用ルーム 本格レコーディングもできるぞ!” (日本語). ねとらぼ. アイティメディア (2012年3月7日). 2014年3月4日閲覧。
  84. ^ “第30回サービス業総合調査、カラオケスタジオ、6.8%↑、「1人」で利用広がる” (日本語). 日経流通新聞: p. 7. (2012年11月14日)  - 日経テレコンにて2013年4月4日閲覧。
  85. ^ a b c 1曲100円! ゲームセンターに"ヒトカラ"用カラオケボックス登場(東京ウォーカー全国版)” (日本語). NewsWalker. KADOKAWA (2012年3月23日). 2017年12月19日閲覧。
  86. ^ a b ちょいKARA” (日本語). アーケードゲーム. タイトー (2012年11月22日). 2013年4月4日閲覧。
  87. ^ a b “ニュー新橋ビルの一人用カラオケ撤退へ―設置1カ月、需要見込めず” (日本語). 新橋経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2013年3月2日). https://shinbashi.keizai.biz/headline/1364/ 2013年4月4日閲覧。 
  88. ^ カンドーネってなあに?” (日本語). カンドーネ公式サイト. セガ・ミュージック・ネットワークス. 2007年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  89. ^ “セガ・ミュージック・ネットワークス株式の譲渡に関する基本合意のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2007年7月27日), オリジナルの2011年11月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111107201026/http://sega.jp/corp/release/2007/0727/ 2015年12月25日閲覧。 
  90. ^ “無料ケータイサイト『ヒトカラ』会員数が200万人を突破!” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2009年4月1日), オリジナルの2015年4月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150413223241/http://sega.jp/kt/hitokara/campaign/2009/0401/ 2015年12月25日閲覧。 
  91. ^ “『ヒトカラ』サービス終了のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), セガ, (2010年6月25日), オリジナルの2015年6月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150608185635/https://sega.jp/kt/hitokara/ 2015年12月25日閲覧。 
  92. ^ "ヒトカラ"など利用形態が多様化 カラオケルームの音楽プロモーション” (日本語). ORICON STYLE. オリコン (2013年2月11日). 2013年2月17日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一人カラオケ」の関連用語

一人カラオケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一人カラオケのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒトカラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS