ルクセンブルク家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ルクセンブルク家の意味・解説 

ルクセンブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/05/31 09:23 UTC 版)

ルクセンブルク家(ルクセンブルクけ、:Haus Luxemburg, :Maison de Luxembourg, チェコ語:Lucemburkové)は、現在のルクセンブルク市を発祥とした中世ヨーロッパの貴族、王家。現在のルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家(ルクセンブルク家ともいう)と直接のつながりはないが、婚姻関係を通じてはつながりはある(後述)。




「ルクセンブルク家」の続きの解説一覧

ルクセンブルク家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 15:54 UTC 版)

モラヴィア君主一覧」の記事における「ルクセンブルク家」の解説

モラヴィア辺境伯 (1310年1423年): ルクセンブルク家№Имя肖像画生年没年統治期間没年1 ヤン 1296年8月10日 1346年8月26日 1310年1333年 神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世息子1310年1346年ルクセンブルク伯1310年1346年ボヘミア王ヴァーツラフ2世の娘エリシュカ結婚することでボヘミア王位を継承。 2 カレル 1316年5月14日 1378年11月29日 1333年1349年 ボヘミア王ヤン息子1346年1378年ボヘミア王1346年1353年ルクセンブルク伯1349年1378年ローマ王1355年1378年イタリア王1355年1378年神聖ローマ皇帝カール4世)。 3 ヤン・インジフ(ヨハン・ハインリヒ) 1322年2月12日 1375年11月12日 1349年1375年 ボヘミア王ヤン次男1335年1341年チロル伯ローマ王擁立されるもののカレルからモラヴィア授けられる。 4 ヨシュト 1375年1411年 モラヴィア辺境伯ヤン・インジフの長男1388年1411年ブランデンブルク選帝侯1388年1411年ルクセンブルク公1410年1411年対立ローマ王公的にモラヴィアヨシュト含めた3兄弟共同統治下におかれた。 5 プロコプ 1356/1358年 1405年9月24日 1375年1405年 モラヴィア辺境伯ヤン・インジフの息子。兄ヨシュト封建的な忠誠を誓う。 6 ヤン・ソビェスラフ 1356/1358年 1394年10月12日 1375年1380年 モラヴィア辺境伯ヤン・インジフの息子1380年1387年リトミシュル司教1387年オロモウツ司教1387年1394年アクイレイア総大司教。兄ヨシュト封建的な忠誠を誓う。 7 ヴァーツラフ4世 1361年2月26日 1419年8月16日 1411年1419年 カレル息子1378年1419年ボヘミア王1373年1378年ブランデンブルク選帝侯ヴェンツェル)、1383年1388年ルクセンブルク公ヴェンツェル2世)、1376年1400年ローマ王ヴェンツェル)。 8 ジクムント 1368年2月15日 1437年12月9日 1419年1423年 カレル息子1378年1388年及び1411年1415年ブランデンブルク選帝侯1386年1437年ハンガリー王1410年1437年ローマ王1410年1437年ボヘミア王1419年1437年ルクセンブルク公1431年1437年イタリア王1433年1437年神聖ローマ皇帝

※この「ルクセンブルク家」の解説は、「モラヴィア君主一覧」の解説の一部です。
「ルクセンブルク家」を含む「モラヴィア君主一覧」の記事については、「モラヴィア君主一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ルクセンブルク家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルクセンブルク家」の関連用語

ルクセンブルク家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルクセンブルク家のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルクセンブルク家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのモラヴィア君主一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS