ミス・キーラーの情事とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > ミス・キーラーの情事の意味・解説 

ミス・キーラーの情事

原題:The Keeler Affair
製作国:イギリス
製作年:1963
配給:東和
スタッフ
監督:Robert Spafford ロバート・スパフォード
製作:John Nasht 
脚本:Matt White マット・ホワイト

Ronald Maxwell ロナルド・マクスウェル

Robert Spafford ロバート・スパフォード
撮影:Michel Rocca ミシェル・ロッカ
音楽:Roger Bourdin ロジェ・ブールダン
美術:Arthur Lawson 
キャスト(役名
Yvonne Backingham イヴォンヌ・バッキンガム (Christine Keeler
John Drew Barrymore ジョン・ドリュー・バリモア (Stephen Ward
Mel Wells メル・ウェルズ (Capt. Ivanov
Jimmy Moore ジミー・ムーア (Johnny
Mimi Heinrich ミミ・ハインリッヒ (Marian
Peter Prowse ピーター・プラウズ (Judge
解説
プロヒューモ事件キーラー自身告白をもとにマット・ホワイトロナルド・マクスウェル協力得てロバート・スパフォードシナリオ書き演出したスキャンダルもの。撮影ミシェル・ロッカ音楽ロジェ・ブールダン担当した。出演者は「ハバナの男」のイヴォンヌ・バッキンガムジョン・ドリュー・バリモアメル・ウェルズ、アリシア・ブランデット、ジミー・ムーアミミ・ハインリッヒピーター・プラウズなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
キーラーイヴォンヌ・バッキンガム)はモデルを夢みてロンドン行き、生活のためにクラブホステスをはじめた。スティーヴン博士ジョン・ドリュー・バリモア)ともそのクラブで知りあうが秘かに恋心寄せるようになり、彼が自分の家に引越させた。だが、博士は彼女を抱こうとはしなかった。ある夜外交官パーティに連れていかれた。そこでイワノフ大佐を知った。数日後スティーヴン金策のためと家をあけた。彼女は酒で淋しさをまぎらわせていたが、友達から電話があったのを幸い、家に誘って乱痴気騒ぎをやり、その勢いで見知らぬ男にすべてを与えた。だが、それはスティーヴン演出だったのだ。以後幾度刺激的パーティーは催され、中にイワノフも混っていた。有名人とも多勢つきあった。陸軍大臣もいた。だがイワノフスパイだなどとは考えもしなかった。その後黒人ジョニー媚薬を呑まされて関係されたりしたが、決して自分意志で身を売ったのではない。キーラー主張する。精一杯生きて来たのだ、ただそれだけなのだ、と。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミス・キーラーの情事」の関連用語

ミス・キーラーの情事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミス・キーラーの情事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2019 Weblio RSS