ポッパ山とは?

ポッパ‐さん【ポッパ山】

Mount Popaミャンマー中部の山。都市遺跡バガン南東50キロメートル位置する。標高1518メートル山麓のタウンカラットという岩峰は、土着のナッ信仰聖地として知られ、山頂部の寺院にはナッ神や聖人の像が飾られている。


ポッパ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 04:21 UTC 版)

ポッパ山(Mount Popa)は、ミャンマーマンダレー地方域にある玄武岩の火山(標高1518m)で、バガン南東の平原に位置する。 寄生火山岩頸であるタウン・カラット(標高737m)にはミャンマーの土着信仰であるナッ信仰の総本山があり[1]、多くの参拝客を集める。登山道には多くのみやげ物店があり、またが多く生息している。


  1. ^ パイインターナショナル『世界の断崖おどろきの絶景建築』パイインターナショナル、2018年、108頁。ISBN 978-4-7562-5008-7


「ポッパ山」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポッパ山」の関連用語

ポッパ山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポッパ山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポッパ山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS