ポスト・カードとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > ポスト・カードの意味・解説 

ポストカード

作者水上洋子

収載図書恋の乗継駅
出版社角川書店
刊行年月1989.6
シリーズ名角川文庫


ポストカード

作者永井

収載図書ができるまで
出版社リブロポート
刊行年月1997.7

収載図書ができるまで
出版社ブルース・インターアクションズ
刊行年月2001.9


はがき

(ポスト・カード から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 14:07 UTC 版)

はがき(葉書[1]、端書)は、手紙の形態の一つ。郵便葉書の略。片仮名で「ハガキ」と書く場合もある。


注釈

  1. ^ 現在の郵便書簡が終戦直後まで「封緘葉書」と呼ばれていたがそれとは別物。
  2. ^ 郵便法第28条2項により、料額印面の表示されているはがき等については、当該郵便送達に係る料金の納付(運送契約の成立)は「差し出したとき」に行われたものとみなされる。これは郵便料金の引き上げが行われた場合、引き上げ前に購入されたはがき等についても差出時における郵便料金を適用し、追加の料金納付を求める(引き下げが行われたときは過納の例により差額を払い戻す)事を意味する。この条項は一般に代金の納付時点で契約の成立(追加支払い不要)とする民事法の一般原則に対する特則となる。

出典

  1. ^ 「葉書」は借字とされる。(『新明解国語辞典第四版』 三省堂、1996年)
  2. ^ a b c d e f g h 総務省. “諸外国の郵便制度について”. 2019年1月27日閲覧。
  3. ^ a b 石井寛治『情報・通信の社会史』1994
  4. ^ 田邊幹「メディアとしての絵葉書」『新潟県立歴史博物館研究紀要』第3集、2002
  5. ^ a b 山田俊幸 「日本絵葉書事始め」『アンティーク絵はがきの誘惑』 産経新聞社、2007年
  6. ^ 郵便事業(株)- 内国郵便約款(約款)PDFより(私製葉書の規格および様式)の項を参照。
  7. ^ はがきの種類”. Homepage@Sayopee.net. 2014年12月4日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 日本郵便. “はがきの種類”. 2019年1月27日閲覧。
  9. ^ 青い鳥郵便葉書の無償配布 - 郵便事業(株)(2008年3月10日付)
  10. ^ “年賀葉書の料金改定” (pdf) (プレスリリース), 日本郵便株式会社, (2018年2月23日), オリジナル2018年2月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180224080039/http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2018/00_honsha/0223_01_01.pdf 2018年2月24日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポスト・カード」の関連用語

1
絵葉書 国語辞典
94% |||||

2
官製葉書 国語辞典
94% |||||

3
郵便葉書 国語辞典
94% |||||

4
葉書 国語辞典
94% |||||







ポスト・カードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ポスト・カードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはがき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS