ベース電力とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ベース電力の意味・解説 

ベース電力

読み方:ベースでんりょく

常に稼動しており、昼間夜間などの区別なく一定量発電を行っている電力のこと。ベース供給とも言う。ピーク時にはベース電力に上乗せして揚水発電などによる発電が行われる。ベース電力は原子力発電所火力発電所発電していることが多い。

ベース電力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 11:10 UTC 版)

ベース電力(ベースでんりょく)とは、常に稼動しており、昼間・夜間などの区別なく一定量の発電を行っている電力のこと。ベース供給とも言う。国際的にはベースロード電源という用語が定着している。


  1. ^ ITenergy研究会 (2012年12月4日). “ベース電源、ミドル電源、ピーク電源”. 日経Xtech. 2020年5月29日閲覧。
  2. ^ 「ドクター伊地智の宇宙ことはじめ」第7回 究極のエコ発電所 宇宙太陽光発電システム”. そらこと (2018年3月14日). 2020年5月29日閲覧。


「ベース電力」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベース電力」の関連用語

ベース電力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベース電力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベース電力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS