プチ‐ポワンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > プチ‐ポワンの意味・解説 

プチ‐ポワン【(フランス)petit point】


プチポワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/04 01:18 UTC 版)

プチポワン (Petit Point) (プチポアン)は刺繍の一種。18世紀ウィーンで編み出された技法で、拡大鏡を使用して手刺繍で 1 平方センチあたり 121-225 目のテント・ステッチ(ハーフクロスステッチと似ており、布地の裏に多く糸を渡して刺す技法)を施した物をさす。


  1. ^ 久家道子『プチポアン―刺しゅうの宝石』日本ヴォーグ社、2000年。
  2. ^ 久家道子『プチポアンの花―久家道子のエンブロイダリー』文化出版局、1992年


「プチポワン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プチ‐ポワンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プチ‐ポワンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプチポワン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS