ブロークンアローとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ブロークンアローの意味・解説 

ブロークンアロー [6] 【broken arrow】

折れた矢の意〕
重大な核兵器事故

【ブロークンアロー】(ぶろーくんあろー)

Broken Arrow.
核兵器紛失事故を意味するアメリカ軍符丁
戦略哨戒任務についた戦略爆撃機滞空中に発生させる事が多い。
これらの教訓から戦略哨戒徐々に縮小され、核武装弾道ミサイル戦略潜水艦置換されていった

主な事例

ほか、10回以上の事故発生している。

参考ローグスピアベントスピアフェデッドジャイアントダルソード


ブロークンアロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/26 01:55 UTC 版)

ブロークンアロー (Broken Arrow)


ブロークン・アロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/08 05:30 UTC 版)

ブロークン・アロー
Broken Arrow
監督 ジョン・ウー
脚本 グレアム・ヨスト
製作 マーク・ゴードン
ビル・バダラート
テレンス・チャン
製作総指揮 ジョー・ゲレリ
クリストファー・ゴドシック
ブラッド・ルイス
ドワイト・リトル
ミシェル・メイプルズ
出演者 クリスチャン・スレーター
ジョン・トラヴォルタ
サマンサ・マシス
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ピーター・レヴィ
編集 ジョン・ライト
スティーヴ・マーコヴィッチ
ジョー・ハッシング
製作会社 20世紀フォックス
マーク・ゴードン・プロダクションズ
WCGエンタテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年2月9日
日本の旗 1996年3月16日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $150,270,147[2]
テンプレートを表示

ブロークン・アロー』(Broken Arrow)は、1996年に公開されたクリスチャン・スレータージョン・トラヴォルタ主演のアメリカ映画。日本公開時のキャッチコピーは「緊急指令、ステルス発進」。

ストーリー

アメリカ空軍のパイロットであるヘイル大尉(クリスチャン・スレーター)とディーキンス少佐(ジョン・トラヴォルタ)は、核弾頭を搭載したステルス爆撃機に搭乗し低空飛行による国境突破の模擬演習を行っていた。しかしディーキンスは核弾頭の強奪を企んでおりヘイルを殺害しようとする。気づいたヘイルと格闘の末、彼を強制的に緊急脱出させる。ディーキンスは核弾頭を投下し、自らも脱出する。墜落現場に救助隊が派遣されるが、爆撃機の残骸に核弾頭がないことがわかり第四級の緊急事態「ブロークン・アロー」となった。

砂漠に落下したヘイルは、たまたま墜落を目撃した公園監視員のテリー(サマンサ・マシス)と行動を共にし、ディーキンスは仲間たちと合流し核弾頭を見つける。ヘイルらは核弾頭を運ぶディーキンスらを急襲、奪還に成功し核弾頭を旧銅鉱山へ運ぶ。ヘイルはわざと暗証コードを間違えて回路をショートさせようとするが、ディーキンスによってプログラムし直されていた核弾頭の起爆タイマーは作動してしまう。鉱山地下での銃撃戦の末、ヘイルらは出口を塞がれてしまうが、川を見つけ辛くも脱出する。核弾頭が爆発するも、鉱山のが溶け巨大な溶鉱炉と化し、放射能汚染は防がれる。ディーキンスは川で逃げると察知したヘイルらは彼らのボートを見つけるが、そこへディーキンスらが現れ、テリーはとっさにボートの中に隠れてしまい彼らとともに行ってしまう。ディーキンスは検問を避けるため核弾頭を鉄道で運び、また彼の落としたソルトレークの病院の名札は彼のボクシングでの得意技「rope-a-dope(引っかけ)」と読み、ヘイルはウィルキンス大佐らとデンバー行きの列車を追う。テリーは核弾頭のタイマーを解除しようとするがディーキンスに見つかってしまう。そこにヘイルが現れ彼女を助け出し、ディーキンスらの逃げ足となるヘリを破壊する。逃げ場がなくなり、ヘイルらもろとも核弾頭を爆発させようとするディーキンスとの格闘の末、ヘイルはタイマーを解除するとともに列車を飛び降り、ディーキンスは列車が衝突した反動で吹き飛んでくる核弾頭を不敵な笑みで迎え、爆死する。爆破された列車の残骸が散らばる中に、彼らがいつも賭けていた20ドルが落ちていた。

登場人物

  • ライリー・ヘイル大尉
ブルース・リーのファン。
  • ヴィック・ディーキンス少佐
ボクシングの腕前はプロ級でモハメド・アリの試合にも詳しい。ヘビースモーカーで大事な場所でも煙草を吸う。
  • テリー・カーマイケル
  • マックス・ウィルキンス大佐
  • プリチェット
  • ジャイルズ・プレンティス
  • ケリー
  • サム・ローズ隊長
  • 参謀本部議長
  • ジョンソン
  • ベアード国防長官
  • ブーン将軍
  • マックス
  • クリーリー空軍司令官
  • シェパード
  • ノヴァチェック
  • パークレンジャーのベイカー
  • フレイクス
  • トーマス中尉

スタッフ

出演

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ テレビ朝日
ライリー・ヘイル大尉 クリスチャン・スレーター 松本保典 宮川一朗太 猪野学
ヴィック・ディーキンス少佐 ジョン・トラヴォルタ 鈴置洋孝 山路和弘 家中宏
テリー・カーマイケル サマンサ・マシス 田中敦子 石塚理恵 玉川紗己子
マックス・ウィルキンス大佐 デルロイ・リンドー 岡部政明 銀河万丈 佐々木梅治
プリチェット ボブ・ガントン 阪脩 池田勝 千田光男
ジャイルズ・プレンティス フランク・ホエーリー 津久井教生 後藤敦 佐久田修
ケリー ハウィー・ロング 古澤徹 乃村健次 斎藤志郎
サム・ローズ隊長 ヴォンディ・カーティス=ホール 広瀬正志 諸角憲一 小室正幸
参謀本部議長 ジャック・トンプソン 梅津秀行 手塚秀彰 大木民夫
ジョンソン ヴィトー・ルギニス 石井康嗣 入江崇史 大黒和広
ベアード国防長官 カートウッド・スミス 秋元羊介 小林修 円谷文彦
ブーン将軍 カーメン・アルジェンツィアノ 伊藤和晃 御友公喜 岩田安生
マックス ショーン・トーブ 金尾哲夫
クリーリー空軍司令官 ダニエル・フォン・バーゲン 嶋俊介 江角英明 小島敏彦
シェパード ジェフリー・J・スティーブン 伊藤栄次 田中正彦
ノヴァチェック ケイシー・ビッグス 松本大
パークレンジャーのベイカー ジェームズ・マクドナルド 手塚秀彰 小川隆市
フレイクス ジョーイ・ボックス
トーマス中尉 オーサーン・エラム
役不明 中澤やよい
真殿光昭
星野充昭
中田雅之
宗矢樹頼
山崎優
伊藤栄次
彩木香里
幸田夏穂
安東桂吾
滝知史
内田岳志
横尾博之
水野光太
田島俊弥
隈本吉成
樽田恵利
荒井静香
翻訳 税田春介 平田勝茂 日笠千晶
演出 中野洋志 福永莞爾 松川陸
調整 蝦名恭範 長井利親 山田太平
効果 リレーション
録音 ムービーテレビジョン
編集協力 IMAGICA
宮本陽介
制作協力 ViViA
清宮正希
制作担当 小川眞紀子
プロデューサー 大塚恭司 梶淳
プロデューサー補 小林三紀子
制作 ムービーテレビジョン ブロードメディア・スタジオ
初回放送 1999年12月9日
金曜ロードショー
2002年8月18日
日曜洋画劇場

脚注

  1. ^ Broken Arrow (1996) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年7月2日閲覧。
  2. ^ Broken Arrow (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2009年11月20日閲覧。

関連項目

外部リンク







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブロークンアロー」の関連用語

ブロークンアローのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

銃架

RMS

ダイヤモンド

AWACS

KS-172

クリーン

ドローン

AIM-9





ブロークンアローのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブロークンアロー (改訂履歴)、ブロークン・アロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS