ブローアウトプリベンターとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > ブローアウトプリベンターの意味・解説 

ブローアウト・プリベンター


防噴装置

読み方ぼうふんそうち
【英】: blowout preventer
同義語: ブローアウト・プリベンター  
略語: BOP

坑井掘削中または坑井仕上げ作業中に暴噴徴候があったときに、坑井密閉噴出防止作業を行うために坑口の上取り付ける装置をいう。
防噴装置としては、ドリル・ストリングケーシング・ストリング坑内つられているときに、これを外側から締めつけてアニュラス密閉するアニュラー BOPパイプ・ラム並びにパイプ切断するシェアー・ラムと、パイプ・ストリングがないときに坑口密閉するブラインド・ラムがあるが、各種作業に応じた坑井内のパイプ径に対応するためや、安全のため、数種類BOP組み合わせ BOP スタックとして使用されることが多い。防噴装置を使用する際にはサイズ内通内径)と使用耐圧が重要な要素である。通常掘削開始後の浅層の大口掘削時は、大口低圧BOP使用し、深度大きくなるに従い小口高圧BOP へと切り替えていく。BOP スタッタには、防噴装置のほかに抑圧泥水循環するためのキル・ラインチョーク・ライン含まれる。各 BOP開閉は、BOP 開閉装置常時蓄圧されている油圧によって行われるBOP はその性質上、不意に発生する暴噴に対して迅速かつ確実に機能することが必要であり、開閉操作パネルリグの 1 カ所または 2 カ所に設けられており、油圧パイプ通して数秒から 10 数秒の間に坑口密閉することができる。

図 BOPスタック




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブローアウトプリベンター」の関連用語

ブローアウトプリベンターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

硫黄回収

減耗控除

防噴装置

埋蔵量評価

音波検層

ディファレンシャル・エントラップメント

ドリル・ステム・テスト

マッド・ガス





ブローアウトプリベンターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2018 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2018 Weblio RSS