ブリウイルス性腹水症とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 動物の感染症 > ブリウイルス性腹水症の意味・解説 

ブリウイルス性腹水症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/05 13:33 UTC 版)

ブリウイルス性腹水症(ブリウイルスせいふくすいしょう、英:yellowtail ascites virus disease)とはビルナウイルス科Aquabirnavirus属に属する黄色尾腹水ウイルス(yellowtail ascites virus;YAV)感染を原因とするブリ感染症ウイルス性膵肝壊死症と呼ばれることもある。壊死症と外部所見として体色黒化、の褪色、腹部膨満、内部所見、病理所見として黄色ないし赤色の腹水貯留、肝臓の赤変、膵腺房細胞や肝実質細胞の巣状壊死。25℃では20℃に比べ病原性が弱いため、日本では夏季の斃死は起こらない。黄色尾腹水ウイルスは伝染性膵臓壊死症を引き起こす伝染性膵臓壊死ウイルスに類似する。




「ブリウイルス性腹水症」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ブリウイルス性腹水症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブリウイルス性腹水症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブリウイルス性腹水症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS