フローニンゲンとは? わかりやすく解説

フローニンゲン【Groningen】

読み方:ふろーにんげん

オランダ北東部フローニンゲン州州都同国北部中心地。ドレンツェ川、ヒュンゼ川が合流しエムス運河とも通じるため、交通の要衝として発展天然ガス田近く工業も盛ん。13世紀建てられマルティニ教会1614年創立フローニンゲン大学がある。フローニゲングローニンゲン

フローニンゲンの画像
撮影・johan wieland http://os7.biz/u/UZARH

フローニンゲン

名前 Groningen

フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/16 09:04 UTC 版)

フローニンゲンオランダ語Groningen [ˈɣroːnɪŋə(n)] ( 音声ファイル)フローニン語:Grunn, Grunnen、西フリジア語:Grins)は、オランダフローニンゲン州にある基礎自治体ヘメーンテ)で、オランダ北部における商工業の中心都市[1]


  1. ^ 『世界の美しい色の町、愛らしい家』エクスナレッジ、2015年、198頁。ISBN 978-4-7678-1932-7 
  2. ^ Lexikon des Mittelalters. Bd. IV. München/Zürich: Artemis 1989 (ISBN 3-7608-8904-2), Sp. 1724-1725. - エーディト・エネン『ヨーロッパの中世都市』(佐々木克巳訳)岩波書店、1987年、(ISBN 4-00-002373-X) 、231頁。
  3. ^ 自転車文化センター 海外レポート(平成8年11月)「グローニンゲンの自転車利用状況」
  4. ^ 焦点:ウクライナ侵攻で逆風一転、欧州最大級ガス田が増産機運”. 朝日新聞DIGITAL (2022年3月22日). 2022年4月11日閲覧。


「フローニンゲン」の続きの解説一覧

フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 08:44 UTC 版)

ニクラス・ストルンク・ヤコプスン」の記事における「フローニンゲン」の解説

2019年8月11日FCフローニンゲン4年契約移籍した

※この「フローニンゲン」の解説は、「ニクラス・ストルンク・ヤコプスン」の解説の一部です。
「フローニンゲン」を含む「ニクラス・ストルンク・ヤコプスン」の記事については、「ニクラス・ストルンク・ヤコプスン」の概要を参照ください。


フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 09:12 UTC 版)

デイリー・ブリント」の記事における「フローニンゲン」の解説

2010年1月5日2009-10シーズン終了までFCフローニンゲンへの期限付き移籍決定した。フローニンゲンでは右サイドバック務めることが多かったアヤックスから150ユーロ移籍金でフローニンゲンへ完全移籍することで話がまとまりつつあったが、最終的に実現することはなかった。

※この「フローニンゲン」の解説は、「デイリー・ブリント」の解説の一部です。
「フローニンゲン」を含む「デイリー・ブリント」の記事については、「デイリー・ブリント」の概要を参照ください。


フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:45 UTC 版)

板倉滉」の記事における「フローニンゲン」の解説

2019年1月プレミアリーグマンチェスター・シティに完全移籍しかしながらA代表歴が無くイングランドでの労働許可証取得できないため、加入同時にエールディヴィジFCフローニンゲン期限付き移籍となった8月1日開幕戦FCエメン戦でリーグ戦デビュー果たした10月20日、第10節のスパルタ・ロッテルダム戦では完封勝利貢献し今節ベストイレブン選出された。 2020年7月23日、フローニンゲンへの期限付き移籍延長発表された。また、背番号5番変更した2021年1月15日、第16節のヴィレムII戦でオランダゴール決めた5月21日シーズン終了後活躍評価されクラブ最優秀選手選出された。

※この「フローニンゲン」の解説は、「板倉滉」の解説の一部です。
「フローニンゲン」を含む「板倉滉」の記事については、「板倉滉」の概要を参照ください。


フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 13:32 UTC 版)

アーメド・エル・メッサウディ」の記事における「フローニンゲン」の解説

2019年8月15日FCフローニンゲン3年契約交わした

※この「フローニンゲン」の解説は、「アーメド・エル・メッサウディ」の解説の一部です。
「フローニンゲン」を含む「アーメド・エル・メッサウディ」の記事については、「アーメド・エル・メッサウディ」の概要を参照ください。


フローニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 01:47 UTC 版)

トーマス・ブルンス」の記事における「フローニンゲン」の解説

2018年12月24日2018-19シーズン終了までFCフローニンゲンレンタルされた。ここでは冬からの加入ながらレギュラーの座を確保し、ハーフシーズンで15試合で2得点決めた

※この「フローニンゲン」の解説は、「トーマス・ブルンス」の解説の一部です。
「フローニンゲン」を含む「トーマス・ブルンス」の記事については、「トーマス・ブルンス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フローニンゲン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フローニンゲン」の関連用語

フローニンゲンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フローニンゲンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフローニンゲン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニクラス・ストルンク・ヤコプスン (改訂履歴)、デイリー・ブリント (改訂履歴)、板倉滉 (改訂履歴)、アーメド・エル・メッサウディ (改訂履歴)、トーマス・ブルンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS