フッ素とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > フッ素 > フッ素の意味・解説 

ふっ‐そ【×弗素】

読み方:ふっそ

fluorineハロゲン族元素の一。刺激臭をもつ淡黄緑色気体反応性富み、ほとんどの元素直接化合する天然に蛍石氷晶石などとして存在元素記号F 原子番号9。原子量19.00。


フッ素


物質名
フッ素
英語名
Fluorine
元素記号
F
原子番号
9
分子量
18.9984032
発見
1886年
原子半径(Å)
0.71
融点(℃)
-219.62
沸点(℃)
-188.14
密度(g/cm3
1.71
比熱(cal/g ℃)
0.18
イオン化エネルギー(eV)
17.422
電子親和力(eV)
3.399


フッ素

英訳・(英)同義/類義語:fluorine

原子番号9番のハロゲン元素の名称。

フッ化物


フッ素

水や食べ物含まれている自然界元素一つ。フッ素は歯のエナメル質(歯の一番表面組織)の結晶構造丈夫にし、虫歯予防効果があると言われている。

フッ素

をよく弾く性質のあるワックス成分

フッ素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/12 22:01 UTC 版)

フッ素(フッそ、弗素、: fluorineラテン語: fluorum)は、原子番号9の元素である。元素記号F[1]原子量は18.9984。ハロゲンのひとつ。


  1. ^ Storer, Frank Humphreys (1864). First outlines of a dictionary of solubilities of chemical substances. Cambridge. pp. 278–280 
  2. ^ a b フッ素 - イラスト周期表”. 愛知教育大学. 2022年6月14日閲覧。
  3. ^ ニュートン式超図解最強に面白い!!周期表
  4. ^ a b c 丹羽源男 (1995年9月). “フッ素 - 推測と発見、単離をめぐる人々 (PDF)”. 日本歯科医史学会. 2022年6月14日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『元素を知る事典』海鳴社、2004年11月、79-80頁。ISBN 9784875252207 
  6. ^ 自然界に単体フッ素=鉱物で確認、定説覆す-独大学[リンク切れ] 時事ドットコム 2012年7月6日
  7. ^ http://www.youtube.com/watch?v=1p3bWWJsLxI&feature=related(英語)
  8. ^ 「ダイキン、独にフッ素樹脂開発拠点」『日本経済新聞』電子版(2018年8月9日)2018年9月19日閲覧。
  9. ^ 「ダイキン、フッ素化学拠点に100億円 IoT向け需要増」『日本経済新聞』朝刊2018年9月4日(2018年9月19日閲覧)。
  10. ^ 長倉三郎ら編、「フッ素」、『岩波理化学辞典』、第5版CD-ROM版、岩波書店、1999年
  11. ^ J. D. Clark, Ignition!: An informal history of liquid rocket propellants, Rutgers University Press, 1972.
  12. ^ F. J. Krieger, "The Russian Literature on Rocket Propellant", The Rand Corporation, 1960.
  13. ^ G. P. Sutton and "O. Biblarz, Rocket Propulsion Elements 8th Ed.", Wiley, 2011.
  14. ^ 岩井 伯隆. “フッ素と環境”. 2022年6月14日閲覧。


「フッ素」の続きの解説一覧

フッ素

出典:『Wiktionary』 (2018/11/22 02:53 UTC 版)

名詞

フッフッそ)

  1. 弗素学術的表記

「フッ素」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フッ素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フッ素」の関連用語

フッ素のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フッ素のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2023 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2023 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2023 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2023 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフッ素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフッ素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS