フウライウオとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > フウライウオの意味・解説 

フウライウオ

学名Solenostomus cyanopterus 英名:Short-bodied pipe fish
地方名カミソリウオノコギリフウライウオ 
脊椎動物門硬骨魚綱ヨウジウオ目−カミソリウオ科
形

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
フウライウオは従来はカミソリウオ・ノコギリフウライウオ・フウライウオの3種分けられていたが、それらは同一種であることが確認された。水深3〜30mの岩礁とその周辺の砂底にすみ、頭部をやや下に向け、波の動き合わせて漂うように泳ぐ。その様子はちぎれた海藻切れ端に似ており、擬態効果があると考えられている。雌雄ペアでいることが多く小型甲殻類をよく食べる。

分布:房総半島以南インド西太平洋 大きさ:15cm
漁法:  食べ方: 

風来魚

読み方:フウライウオ(fuuraiuo)

カミソリウオ科海水魚




フウライウオと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フウライウオ」の関連用語

フウライウオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フウライウオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS