ビックデータとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ビックデータの意味・解説 

ビックデータ

一般的には「ビッグデータ」(big data)と表記される語。数百数千バイト、またはそれ以上の桁数を持つ膨大な容量データのこと。分析データマイニングなどに活用されることが増えつつある。

ビックデータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/08 01:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

もしかして

ビッグデータ

ではありませんか?

このページは正しい表記の記事への誘導のためのページです。その他の用法は、ビックデータの検索結果をご覧ください。
編集者向け:このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。(Template:もしかして)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビックデータ」の関連用語

ビックデータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビックデータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビックデータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS