パーキンソン病とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 病気の別名 > パーキンソン病の意味・解説 

パーキンソン‐びょう〔‐ビヤウ〕【パーキンソン病】


パーキンソン病 Parkinson's disease


パーキンソン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 16:16 UTC 版)

ゾニサミド」の記事における「パーキンソン病」の解説

7人のパーキンソン病患者ゾニサミド投与したところ、良好な結果得られた事が2001年報告された。その後他の治療改善しない振戦について効果認められた2005年11月上旬製造販売承認申請され、2009年1月承認取得したまた、パーキンソン病のWearing-off現象について2013年8月追加承認用法・用量一部変更)された。

※この「パーキンソン病」の解説は、「ゾニサミド」の解説の一部です。
「パーキンソン病」を含む「ゾニサミド」の記事については、「ゾニサミド」の概要を参照ください。


パーキンソン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 09:02 UTC 版)

セレギリン」の記事における「パーキンソン病」の解説

錠剤形でセレギリンはパーキンソン病の症状治療するために使用される単剤療法として適応外使用されてきたが、レボドパL -DOPA)などの薬物補助剤として最もよく使用されているセレギリンレボドパ追加する理論的根拠は、必要なレボドパ用量減らししたがっレボドパ療法における運動合併症減らすことにある。また、セレギリンは、レボドパ治療必要になる時点を、診断後約11か月から約18か月まで遅らせるセレギリン神経保護剤として作用し疾患進行速度低下させるといういくつかのエビデンスがあるが、これには議論がある。 セレギリンまた、アルツハイマー病における認知症緩和治療として、適応外使用されている日本ではパーキンソン病治療剤(選択的MAO-B阻害剤)のセレギリン塩酸塩Selegiline hydrochloride錠剤としてジェネリック医薬品がある。先発品エフピー錠は口腔内崩壊錠OD錠)。

※この「パーキンソン病」の解説は、「セレギリン」の解説の一部です。
「パーキンソン病」を含む「セレギリン」の記事については、「セレギリン」の概要を参照ください。


パーキンソン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/06 19:32 UTC 版)

ファーンズワース・ライト」の記事における「パーキンソン病」の解説

1920年からライトは、パーキンソン病に苦しんでいたといわれている。その程度は、署名歩行にも支障出たほどであり1930年頃には、編集事務所への出社退社には、部下サポートしなければならないようになっていた。1940年3月ライトは、編集長辞任し痛みを軽減するために手術受けたものの6月死去している。

※この「パーキンソン病」の解説は、「ファーンズワース・ライト」の解説の一部です。
「パーキンソン病」を含む「ファーンズワース・ライト」の記事については、「ファーンズワース・ライト」の概要を参照ください。


パーキンソン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 16:14 UTC 版)

ジェームズ・パーキンソン」の記事における「パーキンソン病」の解説

パーキンソンは、6症例振戦麻痺に関して初め系統的に記述した人物だ。彼が書いた振戦麻痺に関するエッセイ』は、彼が診た患者3人通りで見かけた3人症状報告したものだ。そして、彼が言及した振戦麻痺について、のちに彼の名前がその病名として名付けられたのだ。 また、彼は安静時振戦と、動作時の振戦とを見分けることを可能にした。それから60年歳月経てフランス医師であるジャン=マルタン・シャルコーが『パーキンソン病』を再発見したパーキンソン間違っていて、これらの患者震えは、頸椎病変よるものであることが分かった

※この「パーキンソン病」の解説は、「ジェームズ・パーキンソン」の解説の一部です。
「パーキンソン病」を含む「ジェームズ・パーキンソン」の記事については、「ジェームズ・パーキンソン」の概要を参照ください。


パーキンソン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 20:01 UTC 版)

認知予備能」の記事における「パーキンソン病」の解説

パーキンソン病は、認知予備能認知障害役割関連する状態の例である。パーキンソン病の以前調査は、人間の脳における認知予備力影響可能性示唆していた。 いくつかの研究よると、いわゆる認知ライフスタイルは、いくつかの異なメカニズムを介して媒介できる一般的な保護因子見なされている。 2015年研究は、横断的および縦断的測定に対する認知的ライフスタイル影響含まれていた。パーキンソン病の525人の参加者は、認知さまざまなベースライン評価完了し臨床的社会的人口統計学データ提供した4年後、323人がフォローアップ認知評価参加したしたがって、研究者らは、世界的な認知症重症度尺度使用した教育レベル社会経済的地位に加えて最近の社会的関与レベルが高いことも認知症リスク低下関連していることが示されている。一方高齢化社会的関与低さは、パーキンソン病の認知症リスク高め可能性がある

※この「パーキンソン病」の解説は、「認知予備能」の解説の一部です。
「パーキンソン病」を含む「認知予備能」の記事については、「認知予備能」の概要を参照ください。


パーキンソン病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/20 02:52 UTC 版)

コントゥルシ・テルメ」の記事における「パーキンソン病」の解説

パーキンソン病の患者多く存在する地域として知られる18世紀初めごろこの暮らしていたある人の子孫が、イタリアギリシアアメリカオーストラリアそれぞれパーキンソン病を発症していたことが近年になってわかり、遺伝性のパーキンソン病 (家族性パーキンソン病) が初め報告された。この病気の原因であるα-シヌクレインというタンパク質遺伝子異常発見され、パーキンソン病研究の前進にとって大きなきっかけとなった

※この「パーキンソン病」の解説は、「コントゥルシ・テルメ」の解説の一部です。
「パーキンソン病」を含む「コントゥルシ・テルメ」の記事については、「コントゥルシ・テルメ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パーキンソン病」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「パーキンソン病」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パーキンソン病と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パーキンソン病のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パーキンソン病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゾニサミド (改訂履歴)、セレギリン (改訂履歴)、ファーンズワース・ライト (改訂履歴)、ジェームズ・パーキンソン (改訂履歴)、認知予備能 (改訂履歴)、コントゥルシ・テルメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS