パソコンげんぜいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 減税 > パソコンげんぜいの意味・解説 

パソコン減税

読み方:パソコンげんぜい
別名:特定情報通信機器の即時償却制度

パソコン減税とは、1999年4月から2年間の限定施行された法令特定情報通信機器の即時償却制度」の通称である。パソコン主要な対象となっていたことから、通称パソコン減税と呼ばれた。

パソコン減税は、事業用に100万未満パソコンなどを購入した場合に、取得価格一括して経費損金計上することを認めるものであった。これによって、その年度の税金を減らし、情報化対す投資促進を図り、また、景気回復にも一役買うことを意図していた。

パソコン減税は一時的税金安くなるが、税金総額としては未施行状態とほぼ同じである。それでも、管理の手間の削減という直接的には表れない効果もあった。

その後2003年には、パソコン減税の発展形とも言える「IT投資促進税制」が施行されている。


参照リンク
情報通信機器の即時償却制度




パソコンげんぜいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パソコンげんぜい」の関連用語

パソコンげんぜいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パソコンげんぜいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパソコン減税の記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS