ハ44 (エンジン)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハ44 (エンジン)の意味・解説 

ハ44 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 17:28 UTC 版)

ハ44は、第二次世界大戦期に中島飛行機が開発・製造した空冷星型航空機レシプロエンジン陸軍名称はハ219。ハ44は陸海軍統合名称である。初期の国産空冷エンジンの傑作である寿を複列14気筒化したものにハ5があるが、ハ44はそれをさらに18気筒化したものである。試作開始は1942年7月、終戦まで23台が製造された。排気タービン過給機装備型が、中島飛行機の試作高々度戦闘機キ87のエンジンとして使用される予定であった。






「ハ44 (エンジン)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハ44 (エンジン)」の関連用語

ハ44 (エンジン)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハ44 (エンジン)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハ44 (エンジン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS