ハロゲン化アルカリ金属とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハロゲン化アルカリ金属の意味・解説 

ハロゲン化アルカリ金属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 10:22 UTC 版)

ハロゲン化アルカリ金属(Alkali metal halide)は、Mをアルカリ金属、Xをハロゲンとして、化学式MXで表される無機化合物である。しばしばこれらの金属やハロゲンの重要な供給源となる。最も有名なものは、食卓塩として使われる塩化ナトリウムである[1]


  1. ^ Greenwood, N. N.; & Earnshaw, A. (1997). Chemistry of the Elements (2nd Edn.), Oxford:Butterworth-Heinemann. 0-7506-3365-4.
  2. ^ Wells, A.F. (1984) Structural Inorganic Chemistry, Oxford: Clarendon Press. 0-19-855370-6.
  3. ^ Huheey, James E.; Keiter, Ellen A.; Kieter, Richard L. (1993). Inorganic chemistry : principles of structure and reactivity (4. ed.). Cambridge, Mass. [u.a.]: Harper. pp. 377. ISBN 006042995X. 


「ハロゲン化アルカリ金属」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハロゲン化アルカリ金属」の関連用語

ハロゲン化アルカリ金属のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハロゲン化アルカリ金属のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハロゲン化アルカリ金属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS