ハネムーンはモンテカルロでとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ハネムーンはモンテカルロでの意味・解説 

ハネムーンはモンテカルロで

原題:Money Talks
製作国:イギリス
製作年:1989
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
スタッフ
監督:James Scott ジェームズ・スコット
製作:Christine Ostreicher クリスティン・オーストレイチャー

Graham Easton グラハム・イーストン
製作総指揮:Bob Weinstein ボブ・ワインスタイン

Harvey Weinstein ハーヴェイ・ワインスタイン
原作:Graham Greene グラハム・グリーン
脚本:James Scott ジェームズ・スコット
撮影:Robert Paynter ロバート・ペインター
音楽:Shirley Walker シャーリー・ウォーカー
美術:Christopher Hobbs クリストファー・ホッブズ
編集:Thomas Schwalm トーマス・シュウォーム
字幕:佐久間公美子 サクマクミコ
キャスト(役名
Robert Lindsay ロバート・リンゼイ (Beatram)
Molly Ringwald モリー・リングウォルド (Cary
John Gielgud ジョン・ギールグッド (Dreuther)
Frances De La Tour  (Mrs. De Vere
Simon de la Brosse シモン・ド・ラ・ブロス (Philippe
Michel Blanc ミシェル・ブラン (Hotel Manager
解説
一九五○年代ロンドンモンテカルロ舞台に、一組新婚カップルの愛の成就を描いたラブ・ストーリーエグゼクティヴ・プロデューサーボブ・ワインスタインとハーヴィー・ワインスタイン、製作はクリスティン・オーストレイチャーグラハム・イーストン監督脚本は「ショッキング・アクシデント」(ビデオ発売)でアカデミー実写短編賞を受賞本作長編デビューとなるジェームズ・スコット原作グラハム・グリーン(『負けた者がみな貰う』)、撮影ロバート・ペインター音楽シャーリー・ウォーカー担当出演ロバート・リンゼイモリー・リングウォルドほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
一九五六年、ロンドン通勤途中バス出会った大企業会計士イアン・バートラム(ロバート・リンゼイ)とキャリー・ポーター(モリー・リングウォルド)の二人はたちまち恋に落ち結婚を誓うに至る。そんな折、バートラム会社経理上の問題指摘したため社長のドレイサー(ジョン・ギールグッド)から認められ、報酬としてモンテカルロ招待され、そこで結婚式挙げることになる。バートラムキャリーモンテカルロ到着するが、招待者のドレイサーは来る気配がなく、二人の金は残り少なくなる。持ち前数学的才能を生かしてバートラムルーレット大金を手に入れ、ドレイサーへの復讐心も手伝って金の盲者と化していく。そんな折、ドレイサーの船が到着するが、夫に愛想をつかしたキャリー部屋出て行くバートラムキャリー追い一度は失いかけたキャリーとの愛を手に入れるのだった



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハネムーンはモンテカルロで」の関連用語

ハネムーンはモンテカルロでのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハネムーンはモンテカルロでのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2020 Weblio RSS