ネルシャツとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ネルシャツの意味・解説 

ネルシャツ

フランネルシャツ」を略した表現軽量肌触りのよい毛織物生地使用したシャツチェック柄であることが多い。

フランネル

(ネルシャツ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 02:14 UTC 版)

フランネル: Flannel)は柔らかく軽い毛織物のこと。略してネルともいう。衣類シーツ寝巻きに一般的に用いられる。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に織る平織りや2-3本おきに交互に織られる綾織りがある。無地だけでなく、様々な模様が施される[1]。フランネルは当初カーディングが施されたウールまたはウーステッド糸から作られたが、現在ではウールと綿、ウールと合成繊維から作られることもある。イギリスのフランネルは平織りで毛羽が軽く、一方ドイツのそれは綾織りで毛羽が多い。柔軟で弾力性・保温性に優れスーツシャツなどに用いられる[2]


  1. ^ フランネル(ファッション用語集)” (日本語). All About) (1912年12月5日). 2009年7月10日閲覧。
  2. ^ a b “フランネル”. マイペディア. 日立システムアンドサービス. (2004). 
  3. ^ フラノ(ファッション用語集)” (日本語). All About) (1912年12月5日). 2009年7月10日閲覧。
  4. ^ “Flannelette”. Encyclopædia Britannica Eleventh Edition. (1911). 
  5. ^ 不燃性綿布発明” (日本語). 時事新報神戸大学アーカイブより) (1912年12月5日). 2009年7月10日閲覧。
  6. ^ TEXTILE DICTIONARY AND TERMS RELATING TO TEXTILE N-O” (英語). A Textile Lover's Diary. 2009年7月10日閲覧。
  7. ^ The Evolution of Durable Press and Flame Retardant Cotton” (英語). American Chemical Society. 2009年7月14日閲覧。
  8. ^ a b c d 『リーダーズ英和辞典』研究社。
  9. ^ 紀州ネルコトバンク
  10. ^ a b c 150年前のコア技術(綿ネルの創成)和歌山県工業技術センター、2018年12月20日
  11. ^ 矢野七三郎コトバンク
  12. ^ a b “Flannel”. Encyclopædia Britannica Eleventh Edition. (1911). 
  13. ^ http://www.newtown.org.uk/history.htm Newtown History
  14. ^ Clwyd-Powys Archaeological Trust - Projects - Historic Landscapes - Middle Wye - Administrative Landscapes
  15. ^ Llanidloes History
  16. ^ A. H. Dodd, Industrial Revolution in North Wales (1931), 229-81; J. Geraint Jenkins, The Welsh Woollen Industry (Cardiff 1969); J. Geraint Jenkins, 'The woollen industry in Montgomeryshire' Montgomeryshire Collections 58 (1963), 50-69.


「フランネル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネルシャツ」の関連用語

ネルシャツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネルシャツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランネル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS