ドライ-アイスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 菓子 > アイス > ドライ-アイスの意味・解説 

ドライアイス [4] 【dry ice】

固体二酸化炭素圧縮液化した二酸化炭素減圧下で細孔から噴出気化させ,その気化熱により冷え固体化した粉末加圧成形して作る空気中で昇華する。冷却剤として広く使われる。固形炭酸固体炭酸

二酸化炭素

分子式CO2
その他の名称:二酸化炭素、Carbon dioxide炭酸無水物炭酸ガスCarbonic acid gasDry ice、Carbonic anhydride、ドライアイス、Methanedione、Dioxocarbon、Carbon dione液化炭酸ガス、Liquefied carbondioxide
体系名:炭素ジオン、メタンジオン、ジオキソ炭素炭素ジオキシド


ドライアイス

英訳・(英)同義/類義語:dry ice

二酸化炭素圧縮し、固体したもの

ドライアイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/13 04:14 UTC 版)

ドライアイス: dry ice)は、固体二酸化炭素の商品名である。固形炭酸固体炭酸とも言う。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 「二酸化炭素」『岩波理化学辞典』 長倉三郎ほか 編集、岩波書店、1999年、第5版CD-ROM版。ISBN 4001301024
  2. ^ ドライアイスの性質”. 日本液炭. 2017年3月29日閲覧。
  3. ^ ドライアイス 製品・商品情報” (日本語). 昭和電工ガスプロダクツ株式会社. 2017年3月29日閲覧。
  4. ^ 環境対策・製造工程”. 日本液炭. 2017年3月29日閲覧。
  5. ^ 炭酸ガスとドライアイスの製造工程”. 昭和電工ガスプロダクツ株式会社. 2017年3月29日閲覧。
  6. ^ 製造プロセス”. エア・ウォーター炭酸株式会社. 2017年3月29日閲覧。
  7. ^ 化学工業日報社、「今夏も韓国産ドライアイス」『化学工業日報』2014年7月7日p1、東京、化学工業日報社
  8. ^ 炭酸ガスとドライアイスの歴史” (日本語). 昭和電工ガスプロダクツ株式会社. 2014年8月8日閲覧。
  9. ^ 松川利行「水に投じたドライアイスで生じる白煙について―氷微粉末(固体)である証明 (PDF) 」 、『研究紀要』第40巻、日本理化学協会、2008年、 113-117頁。
  10. ^ 「寒剤」『岩波理化学辞典』 長倉三郎ほか 編集、岩波書店、1999年、第5版CD-ROM版。ISBN 4001301024
  11. ^ 船山信次 『図解雑学 毒の科学』 ナツメ社2003年、189頁。ISBN 4-8163-3287-1
  12. ^ 国民生活センター (2007年9月5日). “ドライアイスを入れて密閉したペットボトルが破裂して大けが!!”. 発表情報. 2012年1月12日閲覧。


「ドライアイス」の続きの解説一覧

ドライアイス

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 01:49 UTC 版)

名詞

ドライアイス

  1. 固体二酸化炭素

語源

翻訳

関連語






ドライ-アイスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドライ-アイス」の関連用語

ドライ-アイスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドライ-アイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドライアイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのドライアイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS