ドゥリ油田とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > ドゥリ油田の意味・解説 

ドゥリ油田

読み方どぅりゆでん
【英】: duri oilfield

インドネシア・スマトラ島、リアウ州ドゥマイ港の南西方約 45km 、ミナス油田北北西方約 65km(陸上)に位置する油田
1941 年カルテックス社(現操業会社)によって発見され、1958 年本格生産開始された。
地質区としては中スマトラ盆地(背弧盆地)に属し、集油形態緩傾斜背斜構造、集油面積は約 100 km2油層第三紀中新世シハパス層群およびテリサ層中の砂岩層で、深さ70200m極めて浅い。総可採埋蔵量は約 20バレル見積もられている。
原油パラフィン基で粘性が高いため、1967 年から油層への大規模水蒸気圧入を実施して回収率高めている。原油性状は、比重 20.3°APIイオウ分 0.19 %、ワックス分 14.05%、流動点+ 15.9
生産は順調で、20 バレル日台の産油が続いている。累計生産量不明である。

主文献『東南アジア石油産業』(1981)、『世界の大油田』(1984)、『石油地質探鉱用語集』(1989
齊藤 隆2006 年 3 月


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドゥリ油田」の関連用語

ドゥリ油田のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドゥリ油田のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2018 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2018 Weblio RSS