トレンド‐ブログとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > トレンド‐ブログの意味・解説 

トレンド‐ブログ


コタツ記事

(トレンド‐ブログ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 13:44 UTC 版)

コタツ記事(コタツきじ)は、ジャーナリスト、ライターが取材対象者に直接取材を行わず一次情報を元に執筆した記事を指す俗語


  1. ^ 炬燵記事(こたつきじ)の意味 - goo国語辞書”. デジタル大辞泉小学館). goo辞書. 2022年4月閲覧。
  2. ^ rokuzouhondaのツイート(12747313592147968)
  3. ^ rokuzouhondaのツイート(1341070426336727040)
  4. ^ a b c なぜ「こたつ記事」は増えたのか 10年前に作った言葉がにわかに注目を集めた理由”. 本田雅一,ITmedia (2021年1月7日). 2021年1月7日閲覧。
  5. ^ yukatanのツイート(12712822932770816)
  6. ^ a b 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」Vol.079「“コタツ記事”を造語した本人が考える現代のコタツ記事」”. 「本田雅一の IT・ネット直球リポート」 (2020年12月28日). 2020年12月28日閲覧。
  7. ^ 「パクりはなぜいけないの?」 有名ブロガーの問いに人気ライターが応戦”. Wedge (2014年9月2日). 2020年12月1日閲覧。
  8. ^ イケダハヤト氏が全クリエイターに対して宣戦布告を開始”. ヨッピーのブログ (2014年9月1日). 2020年12月1日閲覧。
  9. ^ a b c d “新聞社による配信も増加するネットの「こたつ記事」をめぐる論争 ライター、メディア、プラットフォームの責任は?”. ABEMA TIMES. (2020年12月24日). https://times.abema.tv/articles/-/8639446 2020年12月30日閲覧。 
  10. ^ “放送のネット“文字おこし”は問題あるの?”. THE PAGE. (2014年7月11日). https://news.yahoo.co.jp/articles/2aac6dfde9ef6bf435de8ee0134eeee5f3039739 2020年12月12日閲覧。 
  11. ^ “ラジオは読んでも面白い!新ニュースメディア「TOKYO FM+」オープン SmartNewsにも配信” (プレスリリース), TOKYO FM, (2015年4月21日), https://www.tfm.co.jp/blog/info/index.php?itemid=94253 2020年12月30日閲覧。 
  12. ^ “ニッポン放送の新しい総合サイト「気になるしゃべりを掘りおこす『しゃベル』」が、3月28日(月)スタート!” (プレスリリース), ニッポン放送PR TIMES), (2016年3月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000014935.html 2020年12月30日閲覧。 
  13. ^ rokuzouhondaのツイート(1341070440622563328)
  14. ^ y_kawajiのツイート(1075709911517093889)
  15. ^ y_kawajiのツイート(1075712112415117312)
  16. ^ “やめられぬ「こたつ記事」 スポーツ紙が陥ったジレンマ”. 朝日新聞東京本社. (2020年12月19日). オリジナルの2020年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201219092140/https://www.asahi.com/articles/ASNDL76N5NDBUTIL056.html 2020年12月20日閲覧。 
  17. ^ “「炎上したことにする」メディアの責任 少数派の意見を取り上げ「炎上」と言うのはどうなの?(中川淳一郎)”. デイリー新潮(週刊新潮) 2020年12月3日号. (2020年12月5日). https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12050555/?all=1 2020年12月20日閲覧。 
  18. ^ “「編集者の不在」がネット記事の信頼を失墜させた”. ダイヤモンド・オンライン. (2015年6月25日). https://diamond.jp/articles/-/73840 2020年12月20日閲覧。 
  19. ^ a b Isashi, Keigo (2016年11月28日). “DeNAの「WELQ」はどうやって問題記事を大量生産したか 現役社員、ライターが組織的関与を証言”. BuzzFeed. 2021年2月14日閲覧。
  20. ^ rokuzouhondaのツイート(1341070432057786369)
  21. ^ 「肩こりは幽霊が原因」 WELQの“トンデモ記事”ができるまで 調査報告書で明らかに”. ITmedia NEWS (2017年3月13日). 2021年2月14日閲覧。
  22. ^ 「もはや、これ、ライターの仕事じゃない」 NHKねほりんぱほりん「こたつ記事」特集に反響”. J-CASTニュース (2021年1月14日). 2021年2月14日閲覧。
  23. ^ ロシアのプロパガンダに加担するスポーツ紙の「こたつ記事」(藤代裕之) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年3月14日閲覧。
  24. ^ “「コタツ記事」を重宝するWebメディアの大迷走 「取材なき記事」や「ネタの盗用」が許される理由”. 東洋経済オンライン. (2021年2月2日). https://toyokeizai.net/articles/-/408372 2021年2月2日閲覧。 
  25. ^ “著名人の発言、なぜシェア? フェイクニュースの背景”. 朝日新聞東京本社. (2018年4月8日). オリジナルの2020年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180409010106/https://www.asahi.com/articles/ASL445534L44ULZU00K.html 2020年12月1日閲覧。 


「コタツ記事」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トレンド‐ブログのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トレンド‐ブログのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコタツ記事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS