ツーリパ・マキシモビッチとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > ツーリパ・マキシモビッチの意味・解説 

ツーリパ・マキシモビッチ

Tulipa maximowiczii

Tulipa maximowiczii

中央アジアパミール高原北端部、パミロ・アライ(Pamiro-Alay)山脈分布しています。山麓から中腹粘土質または岩礫地の斜面生え、高さは1530センチになります灰緑色の狭線形で5~8個が根生します。4月から6月ごろ、花茎先に朱赤色の花を咲かせます。花冠はほとんど星形に平開し、真ん中には青黒色の斑があります
ユリ科チューリップ属多年草で、学名Tulipa maximowiczii。英名はありません。
ユリのほかの用語一覧
チューリップ:  ツーリパ・ブベジェンスキー  ツーリパ・プルケラ  ツーリパ・ポリクロマ  ツーリパ・マキシモビッチ  ツーリパ・リニフォリア
ツクバネソウ:  衣笠草  車葉衝羽根草


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ツーリパ・マキシモビッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ツーリパ・マキシモビッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.

©2018 Weblio RSS