ツガノマンネンタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > ツガノマンネンタケの意味・解説 

ツガノマンネンタケ

学名Ganoderma valesiacum Boudier
マンネンタケ科 マンネンタケ属)
ツガノマンネンタケ
夏から秋にかけてツガ類やモミ類の枯れ木上に発生する。マンネンタケの名前にかかわらず、きのこは一年生秋の終わりから翌春にかけてに食われたりしてボロボロになってしまう。 また、時期によっては表面にうるし塗り様の光沢がでたり、粉(胞子)をふいたようになったりする。

特 徴
傘は半円形から扇形表面初め黄色から赤褐色。後には赤褐色からほとんど黒色になる。裏面管孔になっていて緑黄白色。きのこの表面には同心円状模様があり、 光沢のある時期若い時)とチョコレート色の粉でおおわれる時期(きのこが成熟した時)がある。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ツガノマンネンタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オニイグチモドキ

オオダイアシベニイグチ

ミヤマタマゴタケ

ナラタケモドキ

ウスフジフウセンタケ

ニオイワチチタケ

シワチャヤマイグチ

オニナラタケ





ツガノマンネンタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2017 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS