チュウゴクヒョウとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物図鑑 > チュウゴクヒョウの意味・解説 

チュウゴクヒョウ

チュウゴクヒョウ
チュウゴクヒョウ
チュウゴクヒョウ
チュウゴクヒョウ
名称
チュウゴクヒョウ
飼育園館
都立動物園では飼育していません
生息地
中国北部山間部のやぶ地や森林など
体の大きさ
体長オスで1.4~1.6m、メスで約1.2m、体重32~50kg、大きなオスでは70kgになるものもいます。
えさ
ヤギヒツジ仲間イノシシシカウサギなどを捕らえます。動物園では、馬肉鶏頭などをあたえています。
特徴
ヒョウアジアからアフリカにかけての広い範囲分布していて、多く亜種分かれています。チュウゴクヒョウはヒョウ亜種一つで、冬毛長くなるのが特徴です。茂みのなかや岩の洞穴などを巣穴にして、日中はそこで休息し、夜間活動しますが、最もよく動くのは明け方夕方時間帯です。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

チュウゴクヒョウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チュウゴクヒョウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2019 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS