チネル徴候とは?

チネル徴候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/11/13 14:30 UTC 版)

神経線維再生過程において、まだ髄鞘被覆されない軸索先端部は機械的刺激に対して過敏になる。四肢の表在近く触れ神経幹内に再生が始まると、皮膚表面軽く打っても放散性の非常に激し痛み発生する。これが時間経過とともに末梢移行する現象をチネル徴候(英: Tinel sign、独: Hoffmann-Tinel-Zeichen、確認者であるフランス神経科医チネル(Jules Tinel, 1879 - 1952)にちなむ)と呼ぶ。 知覚線維筋線維伸張反射受容器 stretch receptor支配し、通常痛みとは別の知覚司るが、脱神経後の筋肉内に知覚神経線維再生する際には深部疼痛 deep pain発生させる。この疼痛発生時期は、筋肉運動終末が再形成されて再び収縮認められるようになる時期先行するため、筋肉圧迫痛が強い場合には神経再生徴候認められる。軸策の再生が順調に経過する場合当初受傷部に強く現れる陽性徴候次第に弱まって末梢へ移るため、再生速度を知る目安になる。

※この「チネル徴候」の解説は、「深部感覚」の解説の一部です。» 「深部感覚」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チネル徴候」の関連用語

チネル徴候のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チネル徴候のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの深部感覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS