ダハラ・カグラバリとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ダハラ・カグラバリの意味・解説 

ダハラ・カグラバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/07 16:40 UTC 版)

座標: 北緯26度08分59秒 東経88度45分43秒 / 北緯26.14973888度 東経88.76195555度 / 26.14973888; 88.76195555


  1. ^ 飛地群の村とその土地には R. Banerjee (1966). "An Account of Exclaves – Origin and Development". Census 1961, West Bengal, District Census Handbook, Cooch Behar (West Bengal Government, India) が整理のためにインド側・バングラデシュ側それぞれに番号を付しており、区別のためにこの番号が付けられる。インド領で Dahala Khagrabari の地名で呼ばれる土地は、#47, #48, #49, #50, #51, #52 と付番されている。
  2. ^ インド側最大の飛地で、Dahala Khagrabari (#47), Kothajni (#43), Balapara Khagrabari (#42) の3地区からなる。Upanchowki Bhajni, 100 (#19) を囲む地域は、Dahala Khagrabari (#47) である。
  3. ^ La madre de todos los enclaves (y II)” (スペイン語). Fronterasblog.wordpress.com. 2012年9月24日閲覧。
  4. ^ Whyte, Brendan R. (2002年). “Waiting for the Esquimo: an historical and documentary study of the Cooch Behar enclaves of India and Bangladesh”. The University of Melbourne. 2015年8月1日閲覧。
  5. ^ “Bangladesh, India to swap 162 land parcels”. AFP. (2011年8月30日). http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jC3MBSdkuCv8RMTee88OerJ2sFAQ?docId=CNG.d83256110765c85aab9e890617af6914.1c1 2011年8月30日閲覧。 
  6. ^ “Hope for Indo-Bangladesh enclaves”. NDTV. (2011年9月12日). http://www.ndtv.com/article/india/hope-for-indo-bangladesh-enclaves-132956 2011年9月12日閲覧。 


「ダハラ・カグラバリ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダハラ・カグラバリ」の関連用語

ダハラ・カグラバリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダハラ・カグラバリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダハラ・カグラバリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS