ソルビタン脂肪酸エステルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > エステル > ソルビタン脂肪酸エステルの意味・解説 

ソルビタン脂肪酸エステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 08:07 UTC 版)

ソルビタン脂肪酸エステル(ソルビタンしぼうさんエステル)は、ソルビタン脂肪酸エステルで、食品用乳化剤や化粧品・工業用界面活性剤として、単独または他の界面活性剤と配合して用いられる。1945年に米国Atlas社により開発され、日本でも古くから食品添加物として用いられてきた。1996年の資料[1]によると、食品用として年間約1,500トン、食品以外の用途として年間約4,000トンが使われている。ポリソルベートともいう。


  1. ^ 別冊フードケミカル 乳化剤・安定剤総覧 1996年食品化学新聞社刊
  2. ^ カダンセーフ(フマキラー製品ガイド)


「ソルビタン脂肪酸エステル」の続きの解説一覧



ソルビタン脂肪酸エステルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソルビタン脂肪酸エステル」の関連用語

ソルビタン脂肪酸エステルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソルビタン脂肪酸エステルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソルビタン脂肪酸エステル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS