シリングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 単位 > シリングの意味・解説 

シリング (Schilling, Paul von Canstadt)

シリングという人は

シリングの主な経歴

1825年世界初磁気利用した電信機発明する。 ボルタ電池発明され、電気化学実験が行われるようになる。 水の電気分解時に発生する気泡電信利用するというゼメリングの公開実験興味をもち、シリングも電信実験を行うようになる。 エルステッドによって電流磁気の関係が明かされたことにより、実用化までは至らなかったものの、 磁気利用したものでは世界初電信機発明した。




シリングと同じ種類の言葉

このページでは「電気史偉人典」からシリングを検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書からシリングを検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書からシリングを検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シリング」の関連用語

シリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2019 電気史偉人典 All rights reserved

©2019 Weblio RSS