シャトル外交とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > シャトル外交の意味・解説 

シャトル外交

読み方:シャトルがいこう
別名:往復外交
英語:shuttle diplomacy

外交交渉において、当事国である二国間を頻繁に行き来し、それぞれの地で交渉に臨むこと。

シャトル外交には、一般的に第三国外交官仲介者となって二国間を行き来する外交を指す場合と、当事国の首脳高官互いに相手国を訪問して会談交渉を行う外交を指す場合がある。

第三国外交官仲介者となって二国間を行き来するシャトル外交は、米国ニクソン政権下でキッシンジャー国務長官中東に対して行った「中東シャトル外交」を指すことが多い。

また、当事国の首脳高官互いに相手国を訪問して会談交渉を行うシャトル外交は、国内では日本韓国の間で行われる日韓シャトル外交」を指すことが多い。

日韓シャトル外交は、2004年小泉純一郎・第87-89代内閣総理大臣盧武鉉ノムヒョン韓国大統領との間で開始された。以来断続的にではあるが、年に1度ずつ両国首脳相手国を訪れペースでシャトル外交が行われている。

2011年12月18日には、李明博イミョンバク韓国大統領日本訪れ京都日韓首脳会談開かれた2009年10月以来のシャトル外交の再開となった。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シャトル外交」の関連用語

シャトル外交のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シャトル外交のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS