サラリーローンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サラリーローンの意味・解説 

サラリーローン

主に、一般消費者への無担保融資を指す語。事業者への融資などに対して言う。サラリーマン向けのローンという意味で、サラ金同義語

消費者金融

(サラリーローン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/28 05:08 UTC 版)

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。




注釈

  1. ^ 「コード71」について金融庁は信用情報から登録削除の方針を示しており、「大手5社会」は要望書を、日本信用情報機構 (JICC) は必要であるとする報告書を金融庁へ提出した(「消費者金融を悩ます「コード71」登録問題」東洋経済オンライン 2009年(平成21年)11月2日)。また、業界側の公式説明は「コード71は多重債務者を生み出さないためにも必要」であるが、本音としては「コード71は過払い金返還請求の「防波堤」になっている」との計算が働いているとする見方がある(「消費者金融を揺るがす「コード71」」日経ビジネスオンライン 2009年(平成21年)10月7日)。
  2. ^ 2006年(平成18年)には自殺者数が年間3万人を超える状況に対処するため自殺対策基本法が成立した。
  3. ^ 白紙委任状(ここでは特定公正証書の作成を公証人に嘱託することを代理人に委任することを証する書面)を取得することは貸金業規制法で禁止されている(貸金業規制法第20条)。取得した場合には、30万円以下の罰金(貸金業規制法法第49条五号)。
  4. ^ 当初は金銭の貸付を業とする者とそうでない者を区別していなかったため、消費者金融業においても同法第五条の規定による年109.5%が上限金利であった。その後消費者金融問題が大きく取り上げられるようになったことから、金銭の貸付を業として行う者に限り上限金利が段階的に引き下げられ、平成19年の同法改正前の段階で29.2%まで引き下げられていたものである。
  5. ^ ただし、10万円を超える貸付については利息制限法の上限金利(18%及び15%)と出資法の上限金利20%には差がある。このような刑事罰が存在しない違法な金利については行政処分で対応することが定められている
  6. ^ 融資先の絞込みについては「貸し渋りが発生している。」とする見方があり、「融資対象が適正化している。」とする見方もある
  7. ^ 会社更生法の適用に際して東京地裁が過払い金返還請求権について更生債権とせず共益債権として扱うとしたナイスの場合のような例外もある
  8. ^ 債権譲渡を受けた業者が過払い金の返還債務を承継する契約の不存在を主張することがある。
  9. ^ 具体的には、企業に対する破産法・民事再生法・会社更生法の適用、特別清算、銀行取引停止処分など。

出典

  1. ^ a b c d e 『わが国クレジットの半世紀』社団法人日本クレジット産業協会 1992年(平成4年)発行
  2. ^ 西日本新聞社 ワードBOX トイチ[リンク切れ]
  3. ^ 和光市広報わこう 平成18年10月号「消費者のまど」
  4. ^ 『サラ金』と呼ばないことを求める会長声明[リンク切れ]
  5. ^ 「消費者金融を悩ます「コード71」登録問題」 東洋経済オンライン09/11/02[リンク切れ]
  6. ^ 『「全情連」個人情報、無担保融資でも悪用』MSN毎日インタラクティブ、2006年(平成18年)9月3日、毎日新聞 2006年(平成18年)9月3日付東京朝刊
  7. ^ 木村勝美『武富士対山口組 激突する二つの「最強組織」』 イーストプレス 2003年(平成15年)
  8. ^ 山岡俊介『銀バエ 実録武富士盗聴事件』 創出版 2004年(平成16年)
  9. ^ 一ノ宮美成、グループK21『武富士 サラ金帝国の闇』 講談社 2004年(平成16年)
  10. ^ 北健一『武富士対言論 暴走する名誉毀損訴訟』 花伝社 2005年(平成17年)
  11. ^ 三宅勝久『武富士追及 言論弾圧裁判1000日の闘い』 リム出版新社 2005年(平成17年)
  12. ^ 「多重債務、救済策ある」 読売新聞 2008年(平成20年)3月19日
  13. ^ 「消費者金融 生命保険での債権回収、1割は自殺」毎日新聞 2006年(平成18年)9月6日
  14. ^ 「消費者金融自殺4人に1人 大手5社の借り手の死因」毎日新聞 2006年(平成18年)11月29日。生命保険のデータをプロミスが金融庁に虚偽報告していた問題で、2006年(平成18年)11月28日に金融庁は再調査の結果を公表した。
  15. ^ 「消費者金融 生命保険での債権回収、1割は自殺」毎日新聞 2005年(平成17年)9月6日
  16. ^ 貸金業界、借金履歴の改ざん、隠蔽横行 債務整理の壁に[リンク切れ]
  17. ^ 三菱UFJニコス:過払い利息開示漏れが4万件、数億円[リンク切れ]
  18. ^ 貸金業法改正法・多重債務者対策について(金融庁)
  19. ^ 「灰色金利」はなぜ5年間も残されたか 借金苦「弱者」を黙殺した奴らの名前 週刊ポスト 2006 10 6
  20. ^ 井出壮平『「サラ金崩壊」 グレーゾーン金利撤廃をめぐる300日戦争』 早川書房 2007年(平成19年)3月
  21. ^ 高収益の陰に過酷な取り立て、徹底したノルマ
  22. ^ 改正貸金業法下における消費者金融のあり方 (PDF) [リンク切れ]
  23. ^ NHK「クローズアップ現代2007年(平成19年)10月30日放送「消費者金融・異変アリ」
  24. ^ a b 再生計画の認可決定のおしらせ(クレディア)[リンク切れ]
  25. ^ 2008年6月12日 再生手続き債権届出に関するお知らせ(アエル) (PDF) [リンク切れ]
  26. ^ 2008年9月24日 再生計画案の提出期限の伸長に関するお知らせ(アエル) (PDF) [リンク切れ]
  27. ^ 河北新報 2007年(平成19年)1月15日
  28. ^ 「千葉市が武富士を提訴する」(社会)―スポニチ Sponichi Annex ニュース[リンク切れ]
  29. ^ 金融庁 貸金業制度等に関する懇談会
  30. ^ 政・官・財に外資も参戦、サラ金金利の激しい攻防 日経BP
  31. ^ サラ金が献金した自民議員サラ金業界が政界工作「金利40%」を目標に 財務・旧大蔵関連ら8人 しんぶん赤旗
  32. ^ サラ金業界の政治団体全政連の高金利作戦 しんぶん赤旗
  33. ^ 党費肩代わり:全政連が自民74議員に献金 総額7億円超[リンク切れ]
  34. ^ 「毎日新聞」(2007年(平成19年)6月13日)、「東経ニュース」(2007年(平成19年)5月24日)
  35. ^ テレビ朝日サンデープロジェクト 2008年3月30日放送 消費者金融大激変で日本版サブプライム問題深刻化 グレーゾーン金利撤廃は是か非か?
  36. ^ 門倉貴史『官製不況 なぜ「日本売り」が進むのか』(光文社、2008年(平成20年)
  37. ^ 全国クレジットサラ金問題対策協議会編『私達の高金利引下げ論 7人の学者の意見 金利自由化論に対する批判と多重債務』(耕文社、2006年(平成18年)
  38. ^ 「新自由主義の高金利正当化論を切る」 (PDF)
  39. ^ 3K”批判に渡辺金融相不満 財務局長会議 産経新聞 2008年4月22日[リンク切れ]
  40. ^ 履歴改ざん指摘され廃業 消費者金融[リンク切れ]
  41. ^ 帝国データバンク、2007年度の全国企業倒産集計を発表 日経プレスリリース 2008年4月8日[リンク切れ]
  42. ^ 市場主義アレルギーが「官製不況」を助長する ダイヤモンドオンライン プリズム+one 2008年4月23日[リンク切れ]
  43. ^ 「自己破産1万7000件減る 08年、法人は3年連続増加」 西日本新聞 2009年2月9日[リンク切れ]
  44. ^ 毎日新聞 2008年(平成20年)5月13日
  45. ^ 日弁連主催シンポジウム「改正貸金業法完全施行へのカウントダウン!」しんぶん赤旗 2008年(平成20年)5月25日
  46. ^ 国民生活センター『月刊国民生活』 2008年(平成20年)12月号
  47. ^ 「県、過払い利息金回収で多重債務者を支援」 岐阜新聞 2009年03月20日[リンク切れ]
  48. ^ 各種統計データ”. 日本信用情報機構. 2011年8月14日閲覧。
  49. ^ 改正貸金業法・多重債務者対策>資料集>関連資料>無担保無保証借入の残高がある者の借入件数毎登録状況”. 金融庁. 2011年8月14日閲覧。
  50. ^ 司報統計年報>破産新受事件数”. 裁判所. 2011年8月14日閲覧。
  51. ^ 統計>生活安全の確保に関する統計等>自殺の概要資料”. 警察庁. 2011年8月14日閲覧。
  52. ^ 「消費者金融、08年3月期大手4社黒字転換融資縮小、3社減収」FujiSankei Business i. 2008年(平成20年)5月16日
  53. ^ 「消費者金融:大手2社が最終赤字…「過払い利息」返還で」毎日jp. 2009年(平成21年)5月15日
  54. ^ 日本経済新聞 2009年(平成21年)11月2日
  55. ^ 金融庁 中小企業金融に関するアンケート調査結果の概要
  56. ^ 日弁連 「一部見直し」報道を踏まえて改正貸金業法の完全施行を求める会長声明[リンク切れ]
  57. ^ 「資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査」報告 (PDF) [リンク切れ]
  58. ^ 改正貸金業法・多重債務者対策>資料集>「改正貸金業法フォローアップチーム」関係者ヒアリング平成23年6月27日(月)資料>資料6 貸金業利用者に関する調査・研究結果報告書 (PDF)”. 金融庁. 2011年8月14日閲覧。
  59. ^ 統計>生活安全の確保に関する統計等>生活経済事犯の検挙状況等について”. 警察庁. 2011年8月14日閲覧。
  60. ^ 「広告出稿審査の開始」について[リンク切れ] - 日本貸金業協会
  61. ^ a b c d 消費者金融テレビCMの歴史 - 消費者金融おすすめランキング
  62. ^ 考査の手引き - ニッポン放送営業促進部HP。
  63. ^ 「電話一本スピード融資」「リセットの方歓迎」 貸金業の広告 8割不適切表現(フジサンケイビジネスアイ、2008年7月5日)
  64. ^ 貸金広告の8割違法 夕刊紙・スポーツ紙を金融庁調査(アサヒコム、2008年7月4日)
  65. ^ 貸金業者による広告の調査結果について金融庁、2008年7月4日)
  66. ^ 『不気味に迫るクレジットカード危機 個人消費を支えてきたカード業界にサブプライムが波及』2008年2月18日付配信 日経ビジネスオンライン
  67. ^ "銀監会、「消費者金融会社試行管理弁法(意見募集案)」を公表"[リンク切れ]、新華社(2009年5月29日)
  68. ^ http://www.promise.com.hk/
  69. ^ http://financeone.com.hk/
  70. ^ 中国・深セン市での消費者金融事業の認可取得のお知らせ[リンク切れ](2010年6月23日)
  71. ^ 中国・瀋陽市での消費者金融事業の営業許可取得のお知らせ[リンク切れ](2011年1月28日)
  72. ^ 8日から法定最高金利24%に引き下げ… 朝鮮日報(2018年02月07日)
  73. ^ "韓国の消費者金融、日系企業のシェアは50%超"[リンク切れ]、朝鮮日報(2010年02月22日)
  74. ^ 韓国の貯蓄銀行を日本の金融機関が続々と買収 消費者金融も買収に名乗り
  75. ^ 『特定サービス産業実態調査』(経済産業省)
  76. ^ 「無担保ローン撤退 トヨタファイナンス 大手で初」『日本経済新聞』2009年(平成21年)3月7日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サラリーローン」の関連用語

サラリーローンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サラリーローンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消費者金融 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS