コンパーノとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > コンパーノの意味・解説 

コンパーノ

英語 Compagno

コンパーノは、イタリア語仲間同僚学友のことである。名前は社内公募決定した。

このクルマ歴史は古い。1963年5月、まず商用バンとしてデビューし、1か月後の6月ワゴン(乗用)に生まれ変わった。2ドア車で、上下2分割に開くリヤゲート備えスタイリング担当したのは、イタリアカロッツェリアであるビニヤーレだった。ダイハツとしては、初のイタリアンスタイルの市販車。フロントエンジンリヤドライブで、エンジン直4OHV・797ccで41ps、4速MT定員5名、東京店頭渡し価格57万円同年秋のモーターショー2ドアセダン発表し、イタリア風ベルリーナ(セダンのこと)と名付けた。エンジントランスミッション定員ワゴンと変わらなかった。そのモデル64年2月から発売した。東京店頭渡し価格スタンダード498000円、デラックス578000円だった。4速MTコラムシフトで、ナルディ風のステアリングホイールがイタリアンムードを感じさせた。

64年5月フロアシフト車を発売

65年4月スパイダー(2ドアコンバーチブル)をシリーズ加えた。エンジンは958ccとなり、最高出力65ps/6500rpm。4速MT(フロア)で、定員は4名。東京店頭渡し価格695000円5月ベルリーナ4ドア1000発売した。958ccエンジンスパイダーよりも最高出力が低く55ps、601000円だった。2ドアで800ccエンジンデラックス併売11月ベルリーナ2ドア1000GT発売695000円。さらに12月ベルリーナ800エコノミー追加した。2ドア車で42万円

66年3月マイナーチェンジスパイダー1000にディタッチャブルのハードトップ付きモデルリリースした。8月ワゴン1000発売67年4月にはベルリーナ1000GTインジェクションベルリーナ1000スーパーデラックスにコラムAT車追加した。

68年4月、再びマイナーチェンジ全車外装デラックス化。69年4月にコンパーノに代わる新型車コンソルテ・ベルリーナを発表70年に入っても生産続けていたコンパーノ(4ドアのスーパーデラックスだけ)だが、やがてラインアウトした。

コンパーノ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンパーノ」の関連用語

コンパーノのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンパーノのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS