コヒキとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鍛金の道具 > コヒキの意味・解説 

こ‐ひき【粉引き】

成形した素地の上に白い泥土をつけ、上に透明な釉薬をかけた陶器表面柔らかく、色が変わりやすい。粉吹き。


コヒキ

コヒキ
コヒキ
両面が平らにできているものはコヒキと呼ばれ、箱物落とし作る際に口の部分シャープ決めたい時などに使います。


粉引

読み方:コヒキ

刷毛を使わず全面白化粧した白釉が粉を引いたように見えるもの。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コヒキ」の関連用語

1
100% |||||

コヒキのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コヒキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2021 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2021 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典

©2021 Weblio RSS