ケイカル板とは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > リフォーム用語 > ケイカル板の意味・解説 

ケイカル板

水酸化カルシウムと砂を主原料として板状成型した耐火断熱材。主に鉄骨火災の熱から守るための耐火被覆材として用いられる。吸水性少ないため、水回りの壁・天井下地材などの他、表面化粧処理して内外装材などにも用いられている。

ケイ酸カルシウム板(ケイカル板)

一般的に「ケイカル板」と呼略される。耐火性防湿性に優れキッチンにおいてはキッチンパネル不燃下地材として使用している。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケイカル板」の関連用語

ケイカル板のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ケイカル板のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2020 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2020 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.

©2020 Weblio RSS