クレメンス8世_(ローマ教皇)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クレメンス8世_(ローマ教皇)の意味・解説 

クレメンス8世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 16:09 UTC 版)

クレメンス8世Clemens VIII ,1536年2月24日 - 1605年3月3日)は第231代ローマ教皇(在位,1592年-1605年)。本名はイッポリト・アルドブランディーニIppolito Aldobrandini)。この時代の教皇としては珍しく、聖職者としても政治家としても優れた人物として評価されているが、ジョルダーノ・ブルーノベアトリーチェ・チェンチとその家族の処刑を許したことなどは後世の評価に汚点を残すことになった。またブレスト合同1596年)の祝福は東西教会の亀裂を深めた。






「クレメンス8世 (ローマ教皇)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレメンス8世_(ローマ教皇)」の関連用語

クレメンス8世_(ローマ教皇)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレメンス8世_(ローマ教皇)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレメンス8世 (ローマ教皇) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS