クドカンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > クドカンの意味・解説 

宮藤官九郎

(クドカン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/04 09:50 UTC 版)

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 - )は、日本脚本家俳優作詞家作曲家放送作家映画監督演出家ミュージシャン似顔絵イラストレーターロックバンドグループ魂ギタリストとしての名義は暴動(ぼうどう)。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。愛称は「クドカン」「くんく」「クン」。及川光博からは「カンクちゃん」と呼ばれたことがある。劇団大人計画所属。




  1. ^ 天才の育て方
  2. ^ 『きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)』
  3. ^ 平成25年度前期 朝ドラ「あまちゃん」制作のお知らせ、2012年6月4日、NHKドラマトピックスブログ、2012年11月5日閲覧。
  4. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.47』、角川マガジンズ、 3-10頁、2013年11月20日閲覧。
  5. ^ 「ゆとりですがなにか」山岸スピンオフ!その名も「山岸ですがなにか」”. シネマトゥデイ (2017年6月22日). 2017年6月22日閲覧。
  6. ^ 2019年 大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」主演は中村勘九郎さん、阿部サダヲさん! NHKドラマトピックス 2017年4月3日配信 2018年1月30日閲覧
  7. ^ “宮藤官九郎、コロナウイルス感染「まさか自分が、と過信してしまいました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年3月31日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200331/geo20033122050069-n1.html 2020年3月31日閲覧。 
  8. ^ “新型コロナ感染の宮藤官九郎、今月7日に退院「自宅療養中ですがいたって元気です」ラジオ番組にメッセージ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/13/kiji/20200413s00041000265000c.html 2020年4月13日閲覧。 
  9. ^ “宮藤官九郎「少しでも希望になれば」 ラジオにリモート出演で復帰”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年5月11日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200511/geo20051117190027-n1.html 2020年6月1日閲覧。 
  10. ^ “宮藤官九郎が2カ月ぶりスタジオ復帰「異様な緊張」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006010000684.html 2020年6月1日閲覧。 
  11. ^ INLIFE 男の履歴書 宮藤官九郎
  12. ^ 宮藤, 官九郎『火曜ドラマ 監獄のお姫さま』KADOKAWA、2018年、2-3頁。ISBN 978-4048961820
  13. ^ “ごめんね青春!視聴率にモノ申す!”. 東洋経済online. (2014年11月14日). https://toyokeizai.net/articles/-/53179?display=b 
  14. ^ 【特集】第83回ドラマアカデミー賞 結果発表 | ザテレビジョン、KADOKAWA、2018年1月30日閲覧。
  15. ^ 【特集】第89回ドラマアカデミー賞 結果発表 | ザテレビジョン、KADOKAWA、2018年1月30日閲覧。
  16. ^ 「発表! 第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『ザテレビジョン』第24巻8号(2018年2月23日号)、KADOKAWA、2018年2月23日、 26-30頁。
  17. ^ 読売文学賞 第51回(1999年度)〜第60回(2008年度):表彰・コンクール(文化・スポーツ・国際)のお知らせ、読売新聞へようこそ、読売新聞社、2018年1月30日閲覧。
  18. ^ キネマ旬報 ベスト・テンKINENOTE、2018年1月30日閲覧。
  19. ^ 第23回ヨコハマ映画祭 日本映画個人賞、ヨコハマ映画祭公式サイト、2018年1月30日閲覧。
  20. ^ 第25回日本アカデミー賞優秀作品、日本アカデミー賞公式サイト、2018年1月30日閲覧。
  21. ^ 第26回日本アカデミー賞優秀作品、日本アカデミー賞公式サイト、2018年1月30日閲覧。
  22. ^ 芸術選奨歴代受賞者一覧(昭和25年度〜) (PDF)”. 文化庁. 2018年1月30日閲覧。
  23. ^ 第49回岸田國士戯曲賞選評(2005年)白水社、2018年1月30日閲覧。
  24. ^ 第31回日本アカデミー賞優秀作品、日本アカデミー賞公式サイト、2018年1月30日閲覧。
  25. ^ 歴代受賞者 第29回:宮藤官九郎東京ニュース通信社、2018年1月30日閲覧。
  26. ^ 2013年実績:国内作品、国際ドラマフェスティバル in TOKYO、2018年1月30日閲覧。
  27. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞式”. オリコンスタイル. オリコン (2013年10月22日). 2013年10月22日閲覧。
  28. ^ 第30回〔2013(平成25)年〕、新語・流行語大賞、自由国民社、2018年1月30日閲覧。
  29. ^ 第4回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」”. Oricon. 2018年8月15日閲覧。
  30. ^ 平成28年度(第67回)芸術選奨受賞者一覧 (PDF)”. 文化庁 (2017年3月8日). 2017年3月8日閲覧。
  31. ^ “宮藤官九郎、「いだてん」脚本が評価され伊丹十三賞に輝く”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年3月30日). https://natalie.mu/eiga/news/373306 2020年3月30日閲覧。 
  32. ^ 宮藤官九郎の小部屋の中の引出しの三段目の日記帖 2013年6月”. 大人計画 OFFICIAL WEBSITE (2013年6月). 2018年6月25日閲覧。
  33. ^ 宮藤官九郎、岡田将生でゆとり世代描く「45才にして初めて挑む社会派ドラマ」”. ORICON STYLE (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  34. ^ “小泉今日子×クドカン「あまちゃん」以来のタッグ! 今度は女囚復讐劇「面白いこと間違いなし」”. スポーツ報知. (2017年7月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170725-OHT1T50219.html 2017年7月26日閲覧。 
  35. ^ “「ゆとりですが」初スピンオフ!太賀主演「山岸ですが」でクドカン初のネットドラマ脚本”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年6月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/22/kiji/20170621s00041000274000c.html 2017年6月22日閲覧。 
  36. ^ 宮藤官九郎の大パルコ人最新作は、怒髪天が参加の「ステキロックオペラ」”. ステージナタリー (2016年2月2日). 2016年2月2日閲覧。
  37. ^ 木更津キャッツアイと氣志團が「木更津キャッツアイのテーマ」を歌うシーン
  38. ^ 漫画「バクマン。」が実写映画化 - 主人公コンビは佐藤健&神木隆之介、『モテキ』の大根仁が監督”. Fashion press. 2015年9月6日閲覧。
  39. ^ 東京が大炎上して大爆発する中でガメラがプラズマ火球を発射する超ド迫力の50周年記念映像「GAMERA」SHORT VER.”. GIGAZINE (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  40. ^ “麻生久美子×みうらじゅん×田口トモロヲ×宮藤官九郎 峯田和伸「いちごの唄」にカメオ出演”. 映画.com. (2019年6月21日). https://eiga.com/news/20190621/3/ 2019年6月21日閲覧。 
  41. ^ “宮崎あおい:宮藤官九郎に“ひんやりです”と言われ苦笑い”. MANTANWEB. (2016年4月11日). http://mantan-web.jp/2016/04/11/20160411dog00m200009000c.html 2016年4月12日閲覧。 


「宮藤官九郎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クドカン」の関連用語

クドカンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クドカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮藤官九郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS