キイロケチチタケとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > キイロケチチタケの意味・解説 

キイロケチチタケ

学名Lactarius repraesentaneus Britz.
ベニタケ科 チチタケ属
キイロケチチタケ
夏の終わりから秋の初めにかけて亜高山帯シラビソオオシラビソウラジロモミなどのモミ属林内地上発生する。亜寒帯などの寒い地方のきのこで、 スウェーデンやノルウエーのモミ属林内でも見られる1980年代には富士山海抜2000m以上の針葉樹林帯に多数発生していたが、 1990年代中頃から発生量が端に減少している。

特 徴
傘は初め中央部のくぼんだまんじゅう形で後には開いてろうと状にそり返る。色は淡卵黄色で表面はかたい毛でおおわれる。ひだの並び方はやや密で淡黄色。 柄に直生する。傷つけると初め白色乳液出し、やがて紫色変色する。柄は傘とほぼ同色表面にはあばた模様があり、柄の内部中空である。





キイロケチチタケと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キイロケチチタケ」の関連用語

キイロケチチタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キイロケチチタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2018 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS