カンタカとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > カンタカの意味・解説 

カンタカ 【Kanthaka 梵】

・迦嗟迦・特などとも音写。納と訳す。釈迦出家したさい、城からアノーマ(阿奴摩)河の辺まで乗って行った白馬車匿釈迦王家御者)が御した。釈迦別れ帰城してから絶食して死に天界生まれたとも、バラモンの子生まれ変わり仏弟子になったとも伝えられる。

カンタカ

名前 Kaṇṭaka


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カンタカ」の関連用語

カンタカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カンタカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS