カオスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > カオスの意味・解説 

カオス

英語:chaos

カオス(英: chaos)またはケイオスとは、「混沌」を意味する英語である。無秩序で、さまざまな要素入り乱れ一貫性が見出せない、ごちゃごちゃした状況様相形容する表現として用いられることが多い。

昨今日本語表現としては、いかにも雑然としていてまとまりのない様子や、およそ関係なさそう要素無作為に入りじってるように見受けられる状況指して「カオスだ」とか「カオス状態だ」という形で用いられることが多い。「混迷する」「混迷を極める」という意味で「カオスになる」という風に表現されることもある。

「まじカオス」のように俗っぽく用いられる場合は特に「理解に苦しむ」「狂気じみている」というニュアンス込めて用いられることも多い。

「カオス」の語源ギリシア語の Χάος(khaos)である。これは元々は宇宙コスモス)が成立する以前秩序なき状態を意味する語だった。英語では chaos表記し「ケィオス」に近い発音をする。ちなみにドイツ語における Chaosカタカナ表記の「カオス」に近い発音である。

日本語の「混沌」という言葉は、「渾沌」とも表記するが、もともと「渾沌」は古代中国神話における「天地分かれる前の状態」のことであり、また、神話登場する異形の神(帝)の名である。渾沌の顔には目耳鼻口の七穴がなく、七穴を設けたところ死んだ、と伝えられる。

人の集団において、統率者がおらず、集まった人が皆それぞれ自己主張して好き勝手に振る舞っているような状況も「カオス」と形容されることがある。これと似た状況を指す言い方に「サバト」という表現もある。サバト(sabbat)は「魔女夜宴」に由来する語であり、混乱無秩序というよりも淫靡瀆神的な乱痴気騒ぎを指すニュアンスが色濃い。

「カオス」に類似した意味合いの語として「無秩序」「雑然」などの表現が挙げられる。国語表現としては特にニュアンス違いがあるというわけでもない。

力学分野では、初期値極めて微少誤差増幅され結果値を乱雑なものにするため値の予測事実上不可能であるような条件を扱う理論を「カオス理論」(chaos theory)という。

このページでは「実用日本語表現辞典」からカオスを検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書からカオスを検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書からカオスを検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カオス」の関連用語

カオスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カオスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS