オフサイトセンターとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > オフサイトセンターの意味・解説 

オフサイトセンター

別名:緊急事態応急対策拠点施設

原子力施設での重大事故発生した際に、関係する事業者自治体専門家などが集結して、事故への対応や防護、あるいは近隣住民避難指示などについて決定調整情報共有を図る拠点全国20箇所それぞれ原子力施設から20キロメートル以内設置されている。

東京電力福島第一原子力発電所から約5キロメートル地点にも、オフサイトセンターがある。ただし、2011年震災と共に発生した原発事故では、震災影響でオフサイトセンターに関係者迅速に集結することもままならず電源通信機能を失い、現場放射線量上昇したためオフサイトセンターに居続けることもできなくなるなど、ほぼ機能していなかったことが分かった。

政府は、2012年6月13日現在、オフサイトセンターのあり方について見直しを図っている。

オフサイト‐センター【offsite center】


オフサイトセンター

オフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)は、原子力災害発生時に避難住民等に対す支援など様々な応急対策実施支援に関係する国、地方自治体放射線医学総合研究所日本原子力研究開発機構などの関係機関及び専門家など様々な関係者が、一堂に会して情報共有し、指揮調整を図る拠点となる施設である。 事故が起こった場合には、オフサイトセンター内に設置される幾つかのグループが、施設状況モニタリング情報医療関係情報住民避難屋内退避状況などを把握し、必要な情報集め共有する。オフサイトセンターでは、国の原子力災害現地対策本部長主導的に必要な調整行い、各グループがとるべき緊急事態応急対策検討するとともに周辺住民報道関係者などに整理された情報を適切に提供する。 オフサイトセンターは、現在全国22ヵ所(経済産業省20ヵ所、文部科学省6ヵ所。うち、4ヵ所は共管施設)が指定されている。 オフサイトセンター

オフサイトセンター off-site center

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

原子力防災センター

オフサイトセンター原子力防災センター訓練では,国が原子力緊急事態宣言発令防護対策実施指示した。

意味説明

原子力事故発生した際に,現地情報収集避難指示などの対策を講じる機関

その他の言い換え語例

緊急事態応急対策拠点施設 原子力災害現地対策拠点



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オフサイトセンター」の関連用語

オフサイトセンターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オフサイトセンターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2021 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language

©2021 GRAS Group, Inc.RSS