エラーコインとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > エラーコインの意味・解説 

エラーコイン

別表記:エラー硬貨

鋳造する際の細かなミスにより、流通はしているものの通常の規格からは外れた形をしている硬貨のこと。たとえば50円玉などの穴がずれていたり、そもそも空いていなかったり、印刷印字がずれていたりといったものが多い。エラーコインはその希少性から元々の硬貨市場価値よりも高く取引されることがある

エラーコイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 16:15 UTC 版)

リンカーン・セント」の記事における「エラーコイン」の解説

数あるリンカーン・セントの珍しいエラーコインが、これまで鋳造されている。中央部分欠落したものなど、無作為エラーわずかに硬貨価値上昇するため、ニッチコレクターが捜し求めている。しかし、エラー中には体系的で同じ年で完全に同じエラーとなった多数硬貨鋳造されている場合もあり、そうしたエラーコインは極度に価値あるものとなるために主流コレクターによって収集が行われている。 1922年フィラデルフィア造幣局からは1枚リンカーン・セント鋳造されることはなかった。しかし、デンバー造幣局では局内にあった少量硬貨金型使用しデンバー作られたことを示す硬貨上の「D」の文字不鮮明にして、フィラデルフィア鋳造されたかのような外見装って発行されリンカーン・セントもある。この種の硬貨1922年プレーンセントとして知られており、収集家も1セント硬貨を見る際に除去され造幣局の「D」の文字が無いか細心の注意払っている。 硬貨鋼鉄亜鉛を主に使用していた1943年には、それとは反対に青銅鋳造されリンカーン・セントが数存在する。現在までに1012ほどの青銅硬貨存在確認されている。同様に1944年にも鋼鉄亜鉛使用した硬貨鋳造されている。 1955年硬貨打ち型のエラーで2重に鋳造されてしまったことにより、硬貨描かれる年や文字がずれて二重見え硬貨発行された。これは1955年二重1セント硬貨 (1955 doubled die cent) として知られている。また、やや異なった技巧により同様のエラー持って発行され1972年二重金型1セント硬貨 (1972 Doubled Die cen) も存在するこうした二重にずれて見えリンカーン・セント毎年確認されているが、これら1955年1972年のものと比較すると、他の年の金型ずれによるエラーコインはややマイナー印象も弱いものとなっている。 1990年サンフランシスコ造幣局鋳造された、およそ3000上る試し打ちリンカーン・セントには、同地鋳造されたことを示す「S」の文字欠落しており、フィラデルフィア造幣局鋳造されたかのようなデザインになった。しかし、同年フィラデルフィア造幣局では試し打ち硬貨鋳造していなかったため、それら硬貨容易にエラー区別できる上、かなり高価なものとなった。 他にも、1998年から2000年にかけて鋳造されリンカーン・セント中に裏面描かれている「AMERICA」の文字最初の2文字「AM」が通常より大きくなっているものがあり、これらは「ワイドAM」硬貨として知られ高値付いている。

※この「エラーコイン」の解説は、「リンカーン・セント」の解説の一部です。
「エラーコイン」を含む「リンカーン・セント」の記事については、「リンカーン・セント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エラーコイン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エラーコイン」の関連用語

エラーコインのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エラーコインのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリンカーン・セント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS